北志賀高原小丸山スキー場「キングストン」で忘年会


12月4日は、前日夜からの原稿書きでほぼ徹夜状態のまま、朝7時半からエノキダケの接種作業。
その後は、10時から役場でずっと会議。

そして、夕方5時半からは北志賀高原の小丸山スキー場内のペンション「キングストン」さんで忘年会でした。


小丸山キングストンで忘年会(27.12.4)


中小業者と農家の仲間の会の忘年会です。
最初に簡単に会議を済ませてから、飲み会に移ります。

女将さんの手づくり料理がたくさん並びます。
この時期、北信地方では野沢菜漬けが欠かせません。


おそば登場(27.12.4)


この日のメンバーは、10人ほどです。
今年1年の活動の反省、政治の話などしながらの忘年会、お酒も進みます。

時間が過ぎるのも忘れて飲んでいました。
気づけば、外は雨から雪に変わっていました。


これぞ須賀川そば(27.12.4)


お料理の最後は、これです。
女将さん自慢の手打ちそば、もちろん新そばです。

今日の〆はラーメンではなく、おそば。
本場の須賀川そばです。

お腹いっぱいになったところで終了です。
ご主人の車で家まで送っていただきました。

今日は、ほぼ寝ていない状態でよくもちました。
家に帰ってからは、何もすることなくバタンキュー(昭和?)でした。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

58回目の誕生日


記事が1か月遅れになってしまっています。
これから、少し飛ばしながら更新していこうと思います。

11月分の残りネタをまとめてアップします。



11月25日は、1日役場で会議でした。
午後の会議までは時間があったので、お昼は外食です。


おおぎやさんでお昼(27.11.25)


中野市まで出て、「おおぎや」さんに入りました。
白味噌ラーメンとギョーザ、ライスです。

朝飯を食べていなかったので、ガッツリいただきました。
ライスは無料でお代わり自由、というのがこの店のありがたいところです。


夜間瀬川緑地公園マレットゴルフ場(27.11.28)


28日は、わが宇木マレットゴルフ愛好会の納会でした。
今年の打ち納めです。

寒い日でした。
夜間瀬川緑地公園マレットゴルフ場から見える志賀高原には雪雲がかかっています。

このコースが雪に閉ざされるのももうじきです。


マレットゴルフ愛好会納会忘年会(27.11.28)


納会は大会も兼ねていました。
芝が硬くなっていて、難しかったです。

OB連発で思うようなスコアが出せませんでした。
打ち納めの後は、宇木の「ひろ」さんで表彰式兼反省会兼総会兼忘年会です。

楽しかった今シーズンもこれで終了です。


宇木2組役員忘年会(27.11.29)


翌29日は、宇木2組の役員忘年会でした。
湯田中の「きらく」さんが会場です。

飲み放題コースです。
役員さんは、40代から50代が中心なので、飲み盛りです。

二次会もほとんど義務出席です。
三次会まで付き合ったはずですが、よく覚えていません・・・。

12月に入ってからも、まだまだ忘年会は続きます。


58回目の誕生日(27.11.30)


翌30日は、私の58回目の誕生日でした。
つれあいの職場のイオンの「お客様感謝デー」だそうで、全品5%引き。

ということで、家でささやかに誕生日をお祝いしました。
この歳になると、おめでたいというような感じはありませんが・・・。

いろいろあった1年でした。
遠く思えた還暦でしたが、もうカウントダウンです。

フェイスブックでは、大勢の方々からお祝いメッセをいただき、感激でした。
その中に、こんな言葉がありました。

「誕生日は、産んでくれた両親に感謝する日」と。
おふくろが亡くなって、ちょうど半年の月命日でした。

自分の誕生を祝う日ではなく、親に感謝する日・・・。
そう思うと、誕生日も大切な記念日なんですね。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

平成27年度志賀高原スキークラブ総会


11月20日、午後4時から渋温泉和合会館で志賀高原スキークラブの総会でした。

体育協会の立場で、ご挨拶させていただきました。
スキークラブのみなさんには、小中学校、高校のスキー部員、大学生、社会人のスキー選手たちの強化育成の面で、コーチ派遣や補助金交付などで大変なお世話になっています。

志賀高原スキークラブの主な収入は、志賀高原スキースクールの売上金です。
毎年数億円もの売り上げのある大きな団体です。

1日に500人を超えるインストラクターが出動することもあります。


総会懇親会お料理(27.11.20)


総会では、すべての議案が承認され、懇親会に移ります。
行政関係者、観光関係者、スキースクール関係者など、総勢約60人の大宴会です。

スキー観光が発展し、大勢のお客さんでスキー場が賑わってくれること、そして何よりも安全で無事故で今シーズンが過ごせますようにと、願わずにはいられません。


二次会(27.11.20)


ほぼ強制的に二次会に連れてこられました。
戦後、丸池の進駐軍専用ゲレンデに日本初のリフトが架けられた、その頃からスキーに関わってきた重鎮のみなさんもおられます。

元オリンピック選手もいらっしゃいます。
そうした方々からのお誘いは、お断りするわけにはいきません。


温泉街の裏通り(27.11.20)


二次会の後、渋温泉の街をぶらぶらしました。
裏通りも温泉街の風情が漂っています。

大正ロマンの街並みというのが渋温泉街のコンセプトです。


渋温泉大湯(27.11.20)


温泉街のど真ん中、渋大湯前です。
石畳の通り歩きは、旅館の下駄と浴衣が似合います。

時間がゆっくりと流れている感じ。
最近は、外国人旅行者が増えてきています。


徳味豆腐ラーメン(27.11.20)


渋温泉での飲み会の〆はここ。
ラーメン「徳味」さんです。

1人三次会です。
この日は、豆腐ラーメンです。

〆のラーメンの後は、温泉街を千鳥足・・・。
至福のときです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

愛知県、静岡県へ研修視察の旅 ~その3~


ホテルの部屋で、飲んでいるうちに寝落ちしてしまったので、朝は4時半に目が覚めました。

二日酔いもなく、さわやかな目覚めでした。
シャワーを浴びたり、テレビを見たりして時間をつぶしました。


ホテル朝食(27.11.18)


7時、朝食です。
ゆっくり、しっかりといただきました。

ホテルの出発時間は8時半。
余裕の朝です。


東栄町役場(27.11.18)


この日の視察先は、愛知県北設楽郡東栄町です。
長野県とも近い、山あいの小さな町です。

役場にお邪魔して、小学校の統廃合の経緯についてお聞きします。


教育長さんらと懇談(27.11.18)


人口減少と少子化の中で、平成の初めには10校あった小学校を、段階的に統合を重ね、平成25年に全町1校に統合され、新築の東栄小学校が誕生しました。

教育長さん、議会の議長さんらが応対してくれました。
20年以上もかけて、住民の合意をとりつけながら慎重に進められた統廃合計画だったと思います。


東栄小学校(27.11.18)


総工費約12億円、廃校となった県立高校の敷地内に建てられた平屋の小学校です。
全校児童数117人です。

同じく全町1校統合を模索する山ノ内町の事情をお話しすると、教育長さんも議長さんも首をかしげておられました。

「児童数100人以上の学校が3校でしょう・・・・」
「なぜ統廃合しなければならないんですか」

逆に質問されてしまいました。
それぞれその自治体によって事情は違っていると思います。

でも、子どもたちの教育環境を整備するということは、大人の事情だけでなく、子どもたちの視点で慎重に考えることが必要です。


馬肉サーロインステーキ定食(27.11.18)


東栄町をあとにして、山道を長野県へと走ります。
県境を越えて、阿南町に入ったところで昼食です。

道の駅信州新野(にいの)千石平に寄りました。
写真は、仲間のオーダー、馬肉のサーロインステーキ定食です。

ここのメニューはワイルドです。
ほかにも、鹿肉、熊肉、猪肉、ヤギ肉などのステーキも・・・。


天ざる(27.11.18)


私は、きわめてノーマルなメニュー。
天ざるです。

普通が一番です。


碌山美術館(27.11.18)


阿南町をあとにして、高速に入り、一路安曇野へ向かいます。
最後の視察先は、碌山美術館です。

到着した時には、4時をまわっていました。
冷たい雨が降るあいにくの天気でした。

この美術館は、昭和33年に約30万人もの人々の協力で開館しました。
最初にできた建物が、教会風の展示室です。

ドラキュラが出てきそうな、歴史を感じさせる造りです。


館長さんと懇談(27.11.18)


五十嵐館長さんと懇談です。
開館以来50年以上にもわたって人気を保ち続けている美術館。

秘訣は、この美術館を支えてくれているボランティアの存在が大きいということです。
公設の美術館とは少し違います。

民間感覚での経営の工夫がありました。
わが町にも志賀高原ロマン美術館があります。

毎年大きな赤字を出しています。
そもそも美術館で儲ける、というのは考えていませんが、入館者に喜んでいただける美術館にしていかなければなりません。

この碌山美術館の経験には学ぶべき点がたくさんあります。
わが志賀高原ロマン美術館も変革が求められます。

町民にも観光客にも愛される美術館に向けて、課題は山積しています。

                             (おわり)


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

愛知県、静岡県へ研修視察の旅 ~その2~


恵那峡サービスエリアで昼食の後、大急ぎで浜松市に向かいます。
2か所目の視察場所は、浜松市の旧引佐(いなさ)町です。

小規模の公立小中一貫校、引佐北部小中学校です。
平成24年4月1日開校の、静岡県では最初の公立小中一貫校です。


5学年音楽の授業(27.11.17)


5学年の音楽授業です。
少人数です。

すべての学年が1学級です。
全校生徒数は9学年で108人ということです。

引佐町は、平成17年に浜松市と合併しました。
かねてから少子化の中で、幼稚園、学校の統廃合が検討されてきました。

22年に3小学校を統合し、引佐北部小学校を開校。
24年に中学校と一緒になり、小中一貫の引佐北部小中学校が開校しました。


9学年数学授業(27.11.17)


9学年の数学の授業です。
女子が多い気がしますが、少人数の行き届いた教育環境と感じました。

わが山ノ内町には、現在4小学校と1中学校があります。
平成34年には、小学校を1校に統合し、中学校の敷地内に建設、小中一貫については今後検討、となっています。

しかし、その時点での児童生徒数は約600人という規模です。
児童数100人以上の3小学校を廃校にすることになります。

統廃合の必要性と、中学校敷地内に大勢の子どもたちを押し込めることに、私は疑問を持っています。


廃校のあと利用(27.11.17)


階段の上のちょっとしたスペースに、こんな模型が飾ってありました。
廃校になった小学校のあと利用がこれ、敷地全体が太陽光発電所です。

ヘリポートも設置されています。
防災面でも、有効なあと利用かもしれません。


校長先生方と懇談(27.11.17)


校長先生方と懇談会です。
統廃合の苦労話や、小中一貫教育に対する思いなどを語っていただきました。

聞きづらい質問を率直にぶつけてみました。
全国学力テストの結果、子どもたちの学力についてです。

答えていただけないかと思いきや、あっさりと「県内平均より上です」と。
さらに、「全国トップと言われる秋田県や福井県の平均よりも上です」とキッパリ。

ここまでさわやかな潔さにには感心しました。
情報を出したがらないうちの教育委員会とは大違いです。


市電で移動(27.11.17)


豊橋駅前の市電です。
この日の宿泊は、豊橋市内のシティホテルです。

夕飯は、ホテルおすすめの鰻屋さんでということになりました。
老舗の鰻屋さんとのことで、期待が高まります。


丸よさん(27.11.17)


タクシーで送っていただき、到着したのがここ「丸よ」さんです。
風格のある店構えです。

やっぱり、愛知県と言えば鰻ですね。


レトロな店内(27.11.17)


レトロで落ち着いた感じの店内。
店先で炭火で焼いている鰻屋さんのイメージとは違います。

旅館の仲居さんのような店員さんが応対してくれました。
いざ注文となった時、着物姿の大女将さんが登場。

いろいろ説明していただきました。
大女将さんのおすすめどおりの注文にすることにしました。


白焼き(27.11.17)


まず、白焼きです。
生姜醤油でさっぱりといただきます。


幻の酒「蜂龍盃」(27.11.17)


そして、お酒も大女将さんおすすめの幻の酒です。
一見さんには決して売らない、という東栄町の地酒「蜂龍盃」(はちりゅうはい)です。

オンザロックでいただきます。
このお酒は、もともとの名前は、「蜂龍蟹」。

「刺す」「飲む」「つまむ」の意だそうです。
「つまみながら、さしつさされつ、のむ」ということらしいです。

明日の視察先が東栄町ということもあって、不思議な縁を感じました。


うな丼セット(27.11.17)


いよいよメインの鰻丼セットです。
この店の特徴は、純関東風の焼き方ということです。

白焼きのあと、蒸してからタレをつけて焼くというスタイル。
蒸すことで、余分な脂が落ちてさっぱりといただけるんだそうです。

そして、最大の特徴はこのビジュアル。
皮目が上になって出てきます。

これは、日本広しと言えども、この店だけだそうです。

今まで食べた鰻の中では異質な感じ。
皮のパリパリ感があって、香ばしく、美味しかったです。


名古屋のご当地カップ麺購入(27.11.17)


「丸よ」さんを出た後、市電に乗って駅に向かいました。
いざ二次会、と意気込んでいたんですが、仲間とはぐれてしまいました。

仕方がないので、ホテルに帰ってしばらく1人飲みです。
途中のコンビニでビールとおつまみ、お土産にご当地カップめんを購入しました。

少し時間をつぶしたら、ラーメンを食べに出ようと思っていました。
でも、ここで旅の疲れが出ました。

結局、うかつにも寝入ってしまいました。
残念ですが、豊橋市のご当地ラーメンはこの次にお預けです。

                            (その3につづく)


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

愛知県、静岡県へ研修視察の旅 ~その1~


11月17・18日は、一泊二日の研修視察の旅に出かけました。
今回は、県内から愛知県、静岡県と4か所を視察し、勉強させていただきます。

朝7時集合で役場を出発です。
最初の目的地は、県内の伊那市です。


山の遊び舎はらぺこのみなさん(27.11.17)


高速をとばして2時間半、10時前に視察先に到着です。
NPO法人「山の遊び舎はらぺこ」さんです。

無認可保育所を運営しています。
ここは、県が推奨する「信州型自然保育」の認定保育所です。

基本的にアウトドアの遊びの中で子どもたちの生きる力を育てる、という独特の保育スタイルをとっています。

園児服もなし、お遊戯会も運動会もなし。
2歳児から年長児までが通所しています。

この日は、みんなでお昼ご飯を作って食べるという日でした。
まずは、子どもたちが隣の畑から大根を抜いてきて、洗い、切るという作業から始まりました。


大根を切る(27.11.17)


みんな手際がいい・・・。
ワイワイと楽しそうに作業に取り組んでいます。

大根は葉を切り落とし、皮をむき、細かく切ります。
2歳児も含めて、みんな本物の包丁を使います。

慣れているのか、相当上手です。
これにはびっくりしました。

子どもに刃物を持たせるなんて・・・。
神経質なお母さんは卒倒してしまうかもしれません。


サケ登場(27.11.17)


大根の葉も細かく切り終えたころ、今日の主役登場です。
前日に年長さんたちが上越市へ見学の小旅行に出かけて、仕入れてきたサケです。

雄と雌一匹ずつ、丸ごと今日のおかずです。
チャンチャン焼きとサケ汁になります。


イクラをとり出す(27.11.17)


捌くのは、お母さんの代表です。
雌のお腹からイクラをとり出しています。

子どもたちも興味津々に見つめています。
前日勉強してきた年長さんの一人は、雄と雌の見分け方を解説してくれました。

下あごの形で分かるんだそうです。
う~ん、すごい。


サケを捌く(27.11.17)


子どもたちに捌き方を教えています。
「これが心臓で、ここには血合いがあるのでしっかり取り除いて・・・」

保育園の子どもにはかなりハードな解剖実習です。
でも、みんな身を乗りだして真剣な眼差しを送ります。

命をいただくということ。
子どもたちはどうとらえているんでしょうか。

一人の子が「サケさん、バイバイ」と一言・・・。
ちょっとウルッときてしまいました。


羽釜でご飯を炊く(27.11.17)


ご飯は、羽釜で炊きます。
お米を洗うのも、水加減も子どもたちの仕事です。

庭中に火があって、一見危険そうですが、子どもたちは慣れたもんです。
追っかけっこしたりして飛び回っています。



危ないから、あれもダメ、これもダメ。
刃物も火も、子どもには扱わせない、というのが普通です。

でも、ここではそんな「普通」は通用しません。
危ないからこそ、その危なさを、その扱い方を体験の中から学ぶ。

それがこの「はらぺこ」の保育方針です。
本当にたくましい、元気いっぱいの子どもたちでした。


時間の関係で、残念ながら最後まで見させていただくことができませんでした。
後ろ髪をひかれる思いで「はらぺこ」さんを後にしました。


お昼はハンバーグカレー(27.11.17)


高速に乗って、一路浜松市に向かいます。
急がなければなりません。

そうは言っても、お腹も空いています。
「はらぺこ」さんで美味しそうなものを見てきた後です。

恵那峡サービスエリアで遅めの昼食です。
ハンバーグカレーの大盛り。

ガッツリいただきました。

                   (その2につづく)


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

駒ヶ根の思い出


長野県縦断駅伝競走大会2日目、私は、選手のサポートで駒ヶ根中継点のJR駒ヶ根駅前で車を降りました。
前の区間の選手が走りこんでくる予想時間までは、2時間ほどありました。

それまでは、やることがあまりないので、周辺をぶらぶらしました。


飲食街の路地(27.11.15)


いい感じの飲食店街の路地。
今度は、夜に来たいです。


駒ヶ根名物(27.11.15)


さすが駒ヶ根です。
名物のソースかつ丼の食品サンプル。

お箸が浮いているのがポイントです。
ガラスに自分が写りこんでしまいましたが・・・。


お見事!!(27.11.15)


お見事!!。
完璧な車庫入れです。

どうやって乗り降りするのか・・・。
気になります。


松本山雅FC応援自販機(27.11.15)


松本山雅FC応援自販機です。
こういう形での応援の仕方があるんですね。

同じ長野県ですが、街の雰囲気は私たちが住む北信地方とはちょっと違う感じです。
また訪れてみたくなる街でした。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

中野下高井チーム過去最高位の7位入賞 ~第64回長野県縦断駅伝競走大会~


14日・15日は、第64回長野県縦断駅伝競走大会でした。
わが中野下高井チームは、昨年10位と、一昨年の8位から後退。

今年の目標は、過去最高位の6位入賞です。
選手も補欠も役員も一丸となって、目標に向かって頑張る決意で臨みました。


たすきリレー(27.11.14)


私は、副団長という立場です。
1日目は、長和町の中継点で選手のサポートです。

写真は、1位通過の上伊那チームのたすきリレーです。


悔しい繰り上げスタート(27.11.14)


何チームかが通過し、時間が過ぎていきます。
残念ながら、わが中野下高井チームは、悔しい繰り上げスタートとなりました。

初日は、長野市から岡谷市までの12区間119キロです。
出だしは、思わぬ苦戦を強いられ、前半は11位まで順位を落としてしまいました。

その後、じわじわと順位を上げ、なんとか8位で初日を終えることができました。
チームは、2日目スタート地点の松本市宿泊組と、伊那市宿泊組とに分かれます。


夕飯(27.11.14)


私は、昨年同様の伊那宿泊組です。
夕飯は、やっぱり伊那名物の馬刺しが付いています。

ほかに鳥のから揚げ、豆腐、サバの煮つけなど、選手の栄養に配慮したメニューになっています。
夜は、役員数人でちょっとだけ街へ飲みに出ました。

選手のみなさんには少し気が引けましたが・・・。


駒ヶ根中継点(27.11.15)


2日目のレースは、松本市から飯田市までの10区間98.5キロで争われました。
私は、駒ヶ根市の中継点で選手のサポートです。

沿道にはものすごい数の人々が応援に詰めかけていました。
さすが、南信地方です。

南信地方は、昔から駅伝王国として有名で、駅伝を楽しむ文化が根付いています。

この日のわが中野下高井チームは、最長区間を走ったキャプテンが自己最高記録の激走を見せてくれました。

選手を車で追い越し、先回りして沿道で応援、また車で追い越し、応援、を繰り返しました。
みんなで応援した甲斐があって、選手も頑張ってくれました。

前日の8位から一つ順位を上げて、7位に食い込んでくれました。
中野下高井チームとしては、過去最高位という快挙です。


反省ミーティング(27.11.15)


ゴール地点の飯田合同庁舎前で、反省会のミーティングです。
目標の6位には届かなかったものの、素晴らしい成績でした。

選手、サポートに回った補欠の選手、役員全員で勝ち取った7位です。


やったぜ!7位(27.11.15)


「やったぜ!7位入賞」。
みんな晴れやかな表情です。

数年前までは、参加14チーム中最下位争いを演じてきた中野下高井です。
今回の6位以上の上位チームは、すべて優勝経験のある強豪ぞろいです。

ここから上を狙うのは並大抵のことではありません。
雪国のクロスカントリースキー選手主体の駅伝素人集団のわがチームです。

根性だけはほかには負けていません。
来年こそは6位入賞をめざしてチーム一丸で頑張ります。


千代田屋ラーメン(27.11.15)


飯田市から中野市まで帰ってきました。
午後5時という時間になっていました。

チーム全員で「千代田屋」さんで慰労会です。
選手、そして今回走れなくてサポートにまわった補欠の選手たちが、一人ずつ来年に向けての決意を表明しました。

「必ずここに戻ってきて、今年以上の走りをします」
「ケガで走れず悔しかった。来年は山登りで区間賞を獲ります」

力強い選手たちの言葉に感動・・・。
中野下高井チーム最高です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

平成27年度中野立志館高校スキー部後援会総会


13日は、18時半から湯田中ヘルスケアセンターで、中野立志館高校スキー部後援会の総会があり、出席させていただきました。

昨シーズンのスキー部の成績は、なかなかのものでした。
インターハイでは、2年連続となる総合優勝は逃したものの、クロスカントリースキー男子リレーでは優勝するなど、素晴らしい結果を残してくれました。

男子のクロスカントリーの主力二人が、カザフスタンで開催された世界ジュニア大会に出場していたため、インターハイ最終日のリレーにしか参加できなかったことが響きました。


後援会懇親会お料理(27.11.13)


今年も、クロスカントリーは、男女1名ずつがジュニアナショナルチームに選ばれています。
アルペンも含め、強化指定選手になっている選手も大勢います。

今シーズンも、立志館高校スキー部の活躍に期待できそうです。
わが山ノ内中学校の卒業生たちが主力になっています。

この中から、将来のオリンピック選手が出てくれることを期待しています。
選手がいて、それを支える親、先輩、先生、コーチ、行政、体協、志賀高原スキークラブ、そして後援会、みんな一丸となってスキー部を盛り上げています。

総会後は、懇親会です。
今年も、立志館高校スキー部を全力で応援します。


〆のラーメン(27.11.13)


二次会は、数人で「居食亭こまどり」へ。
私にとっては、いつもの居場所です。

メンバーの中には、なにげに元オリンピック選手がいたりします。
山ノ内町は、あらためてスキーの町なんだと実感します。

スキー談義で盛り上がった後は、〆のラーメンです。
翌日からは、第64回長野県縦断駅伝競走に出発です。

朝5時起き、ということで二次会は早めに切り上げました。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事

山ノ内町社協理事会で地域密着型小規模特別養護老人ホームを視察


11月9日、わが山ノ内町社会福祉協議会理事会で、視察研修を行いました。
今年は、介護保険事業の中でも珍しい地域密着型小規模特別養護老人ホームの運営状況について現地を訪ねました。


里山の家木島平(27.11.9)


午前9時半、最初に訪れたのは、お隣の木島平村の「里山の家 木島平」です。
一見、高齢者施設のようには見えません。

それもそのはず、ここは元小学校でした。
少子化で統廃合が行われ、廃校となった建物を活用しています。

社会福祉法人みゆき福祉会が運営しています。
採光もよく、明るい雰囲気の施設です。

基本的には地域密着なので、村内の人しか利用できません。
でも、自治体同士で合意があれば例外も認められるようです。

わが山ノ内町からも入所されている方がいらっしゃいました。


旬菜古民家ゆるり(27.11.9)


お昼は、須坂市に移動して「旬菜古民家ゆるり」さんというお店に入りました。
事務局で事前に予約してありました。

名前のとおり、古民家の風情漂う日本料理のお店です。


お料理(27.11.9)


手が込んでいます。
秋の雰囲気満載のお料理の数々・・・。

料理人の気合いがこもっています。


お造り(27.11.9)


お造りは、雪の器に盛られています。
新鮮な素材、瑞々しさを演出しています。


おそば(27.11.9)


懐石料理の最後はおろしそばです。
店内には、ゆったりとした空気が流れている感じ。

次の視察までは時間があったので、お料理をゆっくりと楽しむことができました。
今度は、何か特別なときにでも大切な人と訪れてみたい、と思えるお店でした。


須坂市社協ぬくもり園(27.11.9)


午後の視察先は、須坂市社会福祉協議会が運営する地域密着型小規模特別養護老人ホーム「ぬくもり園」です。
介護保険事業に中では、収益性が不安定との理由でなかなか増えていない小規模特養です。

いろいろと課題はあるようですが、なんとか採算ベースには載っているとのことです。
もともと社協のデイサービス事業所があった隣接の市有地での小規模特養事業開始の公募があり、ほかの事業者が入って来るよりは、とのことで応募したとのことです。


職員さんの話を聞く(27.11.9)


普通の特別養護老人ホームとは違って、こじんまりとした家庭的な雰囲気があります。

山ノ内町では、介護保険計画の関係で、こうした施設の設置は難しいかもしれません。
介護サービス利用者のみなさんのニーズと事業者の思惑が一致しただけでは、すぐに事は進みません。

施設介護が増えると、介護保険会計が膨らみ、介護保険料の値上げということにもなりかねません。
保険者である町とすれば、需要を的確に把握して慎重に供給のことを考えなければならないところが悩ましいところです。

「2025年問題」もあります。
介護の需要はずっと増え続けるわけではありません。

先のことも見通した経営判断も必要です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

ヒゲワタ

Author:ヒゲワタ
FC2ブログへようこそ!
高社山のふもと宇木に在住
古代桜ふるさと事業実行委員
古代桜の素晴らしさと地元のリンゴやぶどうの美味しさを大勢の人に知ってほしい。

 ~当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者カウンター
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ    ↓ ↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
リアルカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
52位
アクセスランキングを見る>>
国交省ハザードマップ
国交省ポータルサイトです。重ねるハザードマップ、わがまちハザードマップはこちらから ↓ ↓