スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県の国民健康保険運営協議会委員等研修会で長野市へ


5日、夕方6時半からは、野沢温泉村の公民館で結団式でした。
14日(土)、15日(日)の二日間にわたって行われる、第64回長野県縦断駅伝競走の「中野下高井チーム」の結団式です。

22区間217.5キロメートルにも及ぶ過酷なレースです。
昨年は、前年の8位から10位に後退と、悔しい思いをしました。

今年は、新戦力が加わり、期待が持てます。
過去最高位の8位よりも上を目指して、選手も役員も頑張る決意を固めました。


結団式お弁当(27.11.5)


当日の打ち合わせも兼ねて、お弁当で夕食です。
私も、副団長ということで、二日間選手のサポートに付きます。

14日夜は、伊那市で泊まりです。
今からワクワクします。



明けて、翌6日は朝10時半、町の役場から長野市での会議に出発です。


長野市若里市民文化ホール(27.11.6)


会場は、若里市民文化ホールです。
長野冬季オリンピックのアイスホッケー会場になったビッグハットのお隣です。

県下各市町村から大勢の委員さんが集まりました。
ただ、研修会は午後1時から。

ということで、その前に近くで昼食をとることにしました。


カニクリームコロッケ定食(27.11.6)


先月もお世話になった「川端」さんに入りました。
今回のメンバーは、役場の係長と委員が私を含めて4人。

いつ来ても、このお店は賑やかです。
やっと空いた席を確保して、それぞれ違うメニューをオーダー。

たいてい、こんな場合は出てくるのに時間がかかるもんですが、さすがに「川端」さん、早いです。
私は、カニクリームコロッケ定食をいただきました。

ボリュームも満点で、美味し~い。
お腹も一杯になって、いざ研修会へ・・・。

さあ、勉強するぞ!、と意気込んだんですが、連日の疲れもあって、会場の椅子も心地よく・・・、ということで、睡魔とのたたかいの研修会となってしまいました。

でも、資料はいただいてきたので、家に帰って復習です。
住民代表の運営協議会委員としては、ちゃんと勉強しておかなければ・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

軽井沢星野リゾート「ハルニレテラス」で昼食


4日、ちょっとした視察で軽井沢町へ。
お昼は、視察も兼ねて「ハルニレテラス」でとることになりました。

ここは、星野リゾートの星野エリアの中に新しくオープンした「小さな街」です。
湯川の清流に寄り添うように自生していた100本を超えるハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、9棟のモダンな建物を広いウッドデッキでつないでいます。


星野リゾートハルニレテラス(27.11.4)


星野温泉 トンボの湯の温泉街という位置づけになります。
「『軽井沢の日常』をコンセプトにした、15の個性的なショップ、レストランが、別荘ライフを豊かに彩ります。」ということだそうです。

紅葉も終わり、平日というのに大勢の観光客が訪れていました。
駐車場も、空き待ちの満車状態です。


村民食堂(27.11.4)


温泉街を抜けて、川沿いにトンボの湯まで歩きました。
「村民食堂」に入ることにしました。

庶民的な食堂かと思いきや、そこはやっぱり星野リゾート。
メニューはすべて軽井沢セレブ値段です。


そばとミニ天丼セット1,600円(27.11.4)


満席だったので、10分ほど並んでやっとテーブルに。
選んだメニューは、そばせいろとミニ野菜天丼のセット。
お値段1,600円也。

よく考えたら軽井沢は町でした。
村民なんていないわけです。

庶民の食堂と勘違いした私がバカでした。
おしゃれで素敵なリゾートですが、私のような人間には向きではありません。

軽井沢の「自然の中の都会」を味わいたい人はどうぞ。
私の周りにはいつも本物の自然がありますから・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

どんぐりの森公園のヤマボウシ


26日、午後から中野市豊田支所で会議でした。
北信広域連合6市町村の代表の会議です。

3時間以上の長丁場でした。


アップルシティで懇親会(27.10.26)


終了後は、年に1回の懇親会です。
JA中野アップルシティが会場です。

ついこの間も、ミニりんご大会でお世話になったばかりです。


お料理(27.10.26)


ここのいいところは、送り迎えからお料理、飲み放題全部込みこみで4,000円というリーズナブルな価格設定にあります。

幹事さんにとっては、本当に助かります。
地元食材もふんだんに使ってくれています。

これから忘年会でも何度か来る予定があります。


徳味で味噌ラーメン(27.10.26)


山ノ内町の仲間と二人、二次会で渋温泉まで上がりました。
「ラーメン徳味(とくみ)」さんです。

最後はやっぱりラーメンで〆ないと・・・。
ということで、味噌ラーメン大盛りをいただきました。

意外とあっさり。
〆のラーメンにはちょうどいいかもしれません。


どんぐりの森公園のヤマボウシ(27.10.28)


わがよませの里の、どんぐりの森公園のヤマボウシです。
毎年この時期にびっしりと実を付けます。

よく考えたら、この26日はおふくろの誕生日でした。
5月に亡くなってからもう5か月になります。

生誕82周年、ということでしょうか。
82年前も、ヤマボウシがこんな風だったのかな・・・、なんて考えちゃいました。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

娘と彼氏とご両親と渋温泉初の湯で


24日、ドキドキの初ご対面でした。
夕方6時、つれあいと二人で、渋温泉の初の湯さんに出かけました。

初の湯さんには、娘と彼氏、そして彼氏のご両親がお待ちでした。
ご両親と正式にお会いするのは、今回が初めてです。


渋温泉初の湯(27.10.24)


初の湯さんは、石畳の通り沿いの和風旅館です。
6人での夕食を予約してありました。

娘と彼氏は、すでに一緒に暮らしています。
いつかご両親には正式にご挨拶を、と思っていました。

当初、9月連休に予定していましたが、前日になって娘が風邪でダウン。
急きょキャンセルになってしまいました。

仕切り直しということで、やっと、この日実現となりました。


初の湯お料理(27.10.24)


緊張の一瞬です。
それぞれ自己紹介をして、ご挨拶です。

ご両親からは、「末永くよろしくお願いします」と・・・。
こちらこそよろしくです。

真面目な彼氏ですから、娘と一緒に幸せな家庭を築いてくれることでしょう。
ご両親は西尾市、娘たちは清須市で暮らしています。

これからのことは、まだ決まっていませんが、大丈夫でしょう。


翌25日は、うちの畑でぶどう狩りを楽しんでいただきました。
ご両親ともに山ノ内町は初めてだそうですが、気に入っていただけたようでホッとしました。

嬉しい思いと、ちょっとさびしい思いと、複雑な気持ちの二日間でした。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

栄村で北信社会教育委員協議会研修会


23日は、お隣村の栄村で社会教育委員の研修会でした。
8時半に山ノ内町役場に集合です。

5人が集まりました。
研修会の受付は、10時からです。

お隣と言っても、車で1時間ほどかかります。
わが町の奥志賀高原から栄村の秋山郷の間に町村境があります。

ただ、そこは山道で遠回りになります。
普通は、国道292号から国道117号を通って行きます。

途中、中野市、、野沢温泉村、飯山市を通ります。
隣村なのにとんでもなく遠いところです。


国道117号(27.10.23)


研修会場は、栄村役場の村民会館です。
新潟県津南町との県境近くの森宮野原という場所にあります。

JR森宮野原駅は、日本一の積雪を記録した駅です。
昭和20年2月の豪雪のときで、記録はなんと785センチメートル・・・。

写真の栄村役場前の国道117号を通過していくバスの高さの2倍以上です。
たいていの家は埋まって、電柱さえも雪の下になるほどの積雪です。

この村の積雪量に比べれば、わが町の豪雪なんてかわいいもんです。


お弁当(27.10.23)


午前中は、地元栄村の社会教育委員さんたちの活動報告と、パネルディスカッションの全体会でした。
お昼は、事前に注文しておいたお弁当です。

朝食抜きであわてて家を出てきたので、お腹が空いていました。
これでやっと落ち着きました。

午後の分科会では、小川村の歴史研究から始まった愛知県東浦町との交流の経験を題材に意見交換、という内容でした。


「初代緒川城主水野貞守は、平安時代末期に緒川を治めていた小川氏の末裔として緒川に現われています。緒川城を築き、1475年には乾坤院を建立したとされます。この水野貞守の先祖小川正房が、1360年に美濃の土岐氏に敗れ長野県小川村に三代にわたって住んだと言われています。その後に瀬戸の水野へ移り住み、緒川の水野氏はこの水野が発祥の地とされています。」


小川村と東浦町は小川氏を通じてつながっていた・・・。

郷土史研究の中で見つけた昔の「縁」。
それがきっかけで始まった友好自治体交流。

なんかロマンがあっていいですね。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

全国ミニりんご大会 インながの


20日は、「全国ミニりんご大会インながの」にご招待いただきました。
ミニりんご大会と言っても、姫りんごとかアルプス乙女とかの小粒リンゴのことではありません。

全国でリンゴ栽培に携わる農家の中で、特定の作り方をしている仲間の大会です。
ほかに、「リンゴ大会」の名称で開催される大会があるので、「ミニ」をつけています。

山形県東根市の清野忠(せいのただし)さんの剪定技術を信奉し、実践しているリンゴ農家の大会です。
5年前には、山ノ内町で大会が開催されています。

この日、午前中は中野市と山ノ内町の園地での研修が行われました。
セレモニーと大交流会が、中野市アップルシティで開催されました。

県内をはじめ、山形県、富山県、群馬県などからも大勢が参加しました。
総勢約160人の大宴会です。


清野忠さんが挨拶(27.10.20)


セレモニーの初めに清野忠さんのご挨拶です。
リンゴを栽培する人の中でこの人を知らない人はいない、というくらいの人です。

「フジ」の育ての親と呼ばれる齋藤昌美さんの愛弟子で、独特の剪定方法を考案し、その普及に尽力されています。
それを実践している農家のみなさんは、大いに実績をあげています。

品質、収量ともに最高を行く革新的な技術です。
この清野さんを慕うリンゴ農家の全国組織が、ミニりんご大会です。


アップルシティお料理(27.10.20)


長野県内でも、長野市や南信の松川村など、遠くからも仲間が集まりました。
それぞれ別の産地でリンゴを栽培していても、清野さんを通じてみんなが仲間です。

高品質でブランド力の高いリンゴは、気候や土壌の条件だけでなく、こうした確かな高い栽培技術があってこそ生み出されています。

この日は、県議会議員、中野市長、山ノ内町長も来賓で参加してくれました。


大交流会(27.10.20)


5年前の大会にもご招待いただきましたが、今回違っていたのは、若い後継者の世代がこの大会を支えてくれていたことです。

二世代で参加の農家もあります。
いいリンゴを生産している農家には、ちゃんと後継者が育っています。

ステージでの出し物は、若者の企画です。
盛り上がっていたのは、「利きぶどう」です。

目隠しをして、その味だけでぶどうの品種を言い当てるというもの。
巨峰、ピオーネ、翠峰、長野パープル、シャインマスカットなど、10種類ほどの品種があります。

さすがに、栽培農家は違います。
ちゃんと、正確に言い当てる人が大半でした。


マーボーラーメン(27.10.20)


大盛り上がりした後は、有志で湯田中での二次会に上がりました。
湯田中に宿をかまえた県外の参加者のみなさんも一緒です。

「居食亭こまどり」さんです。
私にとっては、いつもの居場所です。

遅くまで、リンゴ談議で盛り上がります。
そして最後は〆のラーメン。

私にはいつもの常道行動です。
今回はマーボーラーメンにしました。
やっぱり落ち着きます。



全国に数あるリンゴ産地、本来は産地間競争の相手同士です。
でも、それ以上にリンゴ栽培に命を懸けた仲間同士でもあります。

技術や情報を共有しながら励まし合い、お互いに磨き合う仲間。
いい意味でのライバル同士でもあります。

結果的に、消費者のみなさんにとっては、より美味しいリンゴが供給される好循環に繋がるという面で、大きなメリットがあると言えます。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

今年も「よってかっしゃい山ノ内 秋の収穫祭」は大盛況


18日は、わが山ノ内町グリーン・ツーリズム協議会主催の「よってかっしゃい山ノ内 秋の収穫祭」です。

会場は、道の駅「北信州やまのうち」駐車場です。
私は、協議会の役員という立場ですが、出店はしていないので、テントの後片付けなどのお手伝いでの参加です。

午後2時過ぎ、畑仕事と卓球の子どもたちの大会応援を済ませてから会場に来てみると、きのこ汁サービスは終了。
リンゴやぶどうなどの販売品もほとんど売り切れ状態・・・。

話を聞いてみると、午前中からものすごい人出だったそうな。
きのこ汁も、大鍋で18杯も作ったとのことです。

お天気にも恵まれ、ここ数年で最も盛況だったようです。
後片付けのお手伝いをしていると、慰労会のお誘いがありました。

みなさん忙しい方々なので、慰労会はここ何年も別の日に設定していました。
急なお誘いでしたが、お断りする理由はありません(キッパリ!)。


関英ドライブインで慰労会(27.10.18)


午後5時から、湯田中の「関英ドライブイン」で慰労会です。
出店に協力いただいたみなさんと役員15人ほどが集まりました。

グリーン・ツーリズム協議会は、今、あまり活発な活動ができていません。
いろいろあって、総会も2年ほど開かれていない状態です。

町の農家と観光業のみなさんのタイアップ、協力関係の構築がこの協議会の目的です。
今回のイベントの大成功をバネに、もうひと踏ん張りの活動強化が必要です。

湯量豊富な温泉とスノーリゾートの観光の町、そして高品質なフルーツ生産の農業の町、この二つが有機的にしっかりと結び着けば、この町の魅力は何倍にも増幅します。

町の将来のこと、今後の活動のこと、それぞれの夢を語り合いながらの慰労会。
また夜遅くまで飲んでしまいました。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

軽トラで枝をひっかけて落としてしまったフジ二つ


簡単更新です。
リンゴ畑のリアルタイム記事です。

時系列が前後しますが、ご容赦お願いいたします。


8日、畑で焚き物をしようと軽トラでバックしたところ、枝をひっかけてしまいました。


フジ二つ(27.11.8)


サンフジが二つ、落ちました。
やっちゃいました。

真っ赤なやつです。
もったいないので、事務所に持って帰って、切ってみました。


横に真っ二つ(27.11.8)


まず、上の写真で左の方を胴から真っ二つ。
ちょっと扁形果ですが、蜜はたっぷりです。


真っ二つ②(27.11.8)


そして、右の方もスカッとカット。
理想的な感じでいいんじゃないでしょうか。

完熟に近い状態です。


変則カットですが(27.11.8)


変則カットになりました。
見た目はイマイチですが、味は抜群です。

本当に完熟すると、パイナップルのような味になります。
香りもしっかりあってグッドです。

そろそろ全体に色の着いたものから出荷しなければ・・・。
ただ、まだ葉摘みが終わっていない畑もあります。

リンゴはどんどん生育が進みますが、仕事が間に合いません。


摘果しないと・・・(27.11.7)


お見苦しいものお見せしてすみません。
春・夏の摘果で、見逃してしまった枝です。

ちゃんと適正な着果管理をしないと、こんな風になってしまいます。
これでは、とても正品にはなりません。

今年はいろいろあって、満足のいく管理ができませんでした。
冬の枝の剪定からしっかり手入れをしてあげなければ・・・。

反省は尽きません。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

松代大本営象山地下壕にもぐる


17日は、わが山ノ内町の「9条の会」のバスハイクに参加しました。
目的地は、戦争の遺跡、長野市松代の大本営の見学です。

十数人が参加しました。
朝9時半、マイクロバスで町を出発です。


朝鮮人犠牲者追悼平和祈念塔前で(27.10.17)


今回は、現地ガイドさんが付いてくれます。
象山地下壕に入りますが、その前にヘルメットを着用。

入り口の横にある「朝鮮人犠牲者追悼平和祈念塔」前で説明を聞きます。
強制的に連れてこられた朝鮮人犠牲者数は、はっきりとは分かっていないようです。


壕の中で説明を受ける(27.10.17)


この地下壕に入るのは2回目です。
今回はガイドさんの丁寧な説明があり、新たな発見がいくつかありました。

壕に残る削岩機のロッドの跡、発破のための穴、トロッコの枕木などの場所を具体的に教えていただきました。
前回は気づかなかった部分です。

当時の工事の光景が目に浮かび、労働者たちの息遣いも聞こえてきそうなくらいリアルに感じることができました。

そして、この松代大本営計画と沖縄戦が密接に関係していたという事実には愕然としました。

大戦末期の敗色濃厚の戦局の中、軍部は本土決戦に備え、連合国側に「最後の打撃」を与え、「国体護持(天皇を頂点とする国家体制の維持)」などのよりよい和平条件を得ようと考えていました。

その決戦の指揮中枢を守るための施設がこの地下壕でした。
沖縄戦では、3か月にも及ぶ激しい地上戦の末、両軍と民間人合わせて約20万人が犠牲となりました。
降伏も玉砕も許されない、時間稼ぎのための「捨石作戦」。

大本営の完成までの間、連合軍の本土上陸をできる限り遅らせ、沖縄に釘付けにするという目的がありました。
沖縄の住民の命よりも大本営の建設を優先するという軍部の狂気に、背筋が寒くなる思いがしました。


案内看板(27.10.17)


この案内看板は、新しいものです。
古い看板には、朝鮮人労働者が「強制的に」動員された、との表現がありました。

その「強制的に」の部分を隠すようにテープが貼られて、物議を醸しました。
今は、そうした説もある、との表現に変わっています。

自主的に参加した人々もいたようですが、あまりの過酷な労働条件に辞めたいと言っても、絶対に辞めさせてはくれなかったということです。

この工事は、軍のトップシークレットでしたから、当然と言えば当然です。
今の機密保護法のようなものです。

当時、軍からこの工事を受注したのは、西松建設と鹿島建設だったそうです。
今も大手ゼネコンですね。

ここ松代が大本営の場所に選定された理由は、いくつかあります。

まず、海岸線から遠いこと。
連合国軍の本土上陸を想定して、対応に少しでも時間が稼げるということです。

そして、長野空港(大豆島地区にあった)が近くにあること。
物資の輸送が便利ということです。

また、山あいの地形であったこと。
空爆や機銃掃射などの攻撃を受けにくいということです。

そして、労働力の確保が容易であったことです。
でも、これだけは、当てが外れたようです。

長野県は、満蒙開拓や義勇軍に全国一大勢の人々を送り出した県です。
1万人からの労働者が必要でしたが、足りず、結局は徴用令によって朝鮮人労働者を動員せざるを得なかったというわけです。


エビフライカレー(27.10.17)


お昼は、松代温泉「松代荘」でした。
宿泊も日帰りもできる温泉施設です。

私は、エビフライカレーにしました。
温泉施設らしからぬ、こ洒落た感じのカレーです。


今回のバスハイクはとても勉強になりました。

戦後70年、機密保護法、解釈改憲による「戦争法制」、米軍基地辺野古移転など、国民の声を無視した自公政権の暴走が止まりません。

「戦争前夜」の危機感が募ります。
二度と繰り返してはならない悲惨な戦争の歴史。

「いつか来た道」としないために、これからも諦めず、「憲法守れ!、戦争反対!」の声を上げ続けていかなければ。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

飯山市でマレットゴルフ大会


16日は、午後から飯山市の長峰スポーツ公園へ。
マレットゴルフの大会に出場しました。

今シーズンはなかなか機会がなくて、久しぶりのマレットゴルフでした。
山ノ内町の仲間十数人とバスでのりこみました。

初めてのコースで悪戦苦闘しましたが、なんとか18ホールを72のパーで回ることができました。


びっくわんで表彰式と慰労会(27.10.16)


大会終了後は、戸狩温泉に移動してひと汗流しました。
その後、表彰式兼慰労会会場の「びっくわん」に移動です。

私の成績は、約60人中第4位。
賞品は何もありませんでしたが、まあ上出来です。

団体の部では、山ノ内チームは第3位でした。
スポーツの後、ひと風呂浴びてのビールは格別です。

町に帰ってきてからは、祝勝会(?)です。
会場は、「きらく」さん。

メンバーそれぞれの好プレー珍プレーの話を肴に、みんなで盛り上がりました。


おすすめハムカツ(27.10.16)


三次会です。
いつもの湯河原の「居食亭こまどり」さんです。

この日、おすすめの「ハムカツ」をいただきました。
店主曰く、ハムがなくなり次第終了という気まぐれメニューです。

これがけっこうイケます。


〆のラーメン(27.10.16)


そして、最後の〆はこれです。
ラーメン普通盛り。

ハムカツがけっこうガツンと来ていました。
いつもの店のいつもの味。

やっぱり落ち着きます。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

フジの葉摘みは続く・・・


記事が、半月後れのままなかなか追いついてきません。
みなさんに、リンゴの生育状況をお伝えしなければ、と思いつつ忙殺の日々・・・。

今後、時系列的には前後しますが、リンゴ畑の様子をアップしておきます。


葉摘みバリバリ(27.10.31)


サンフジの葉摘み作業に追われています。
ぶどうの出荷も終わっていないので、畑には私一人です。

バリバリ摘んでも、摘んでも・・・。
なかなか捗りません。

フジの畑は4か所ありますが、まだ2か所目の途中といったところです。


もう少し・・・(27.10.31)


光の当たりづらいところでは、色はまだまだです。
10月31日現在の生育状況です。

試しに、傷みのあるだめリンゴを持ち帰って切ってみました。


ダメリンゴ(27.10.31)


正品にはならないリンゴです。
色もまだまだです。


蜜入り(27.10.31)


切ってみると、蜜が入っていました。
ただ、味はまだ酸味が強いか・・・。

噛んだあとに少し繊維が残る感じもあります。
もう少し時間が必要です。


色づいて(27.11.2)


2日、午後になって雨が止んでから畑に来ました。
少しずつ色も着いてきています。


そろそろ(27.11.2)


木によって日当たりの条件も違うので、色も違います。
本当に真っ赤になって、美味しくなるまでは収穫しません。


雨に濡れて(27.11.2)


これから気温が下がって、どんどん蜜が入ってきます。
葉摘みの後、ある程度色が着いたら、玉回しをします。

最終的には、玉回しの後、色がまんべんなく着いたら出荷です。
例年は、11月20日過ぎ頃です。

今年は、若干生育が早い感じです。
収穫の秋、いよいよ最後のフジの仕上げです。

今年のフジも、消費者のみなさんに喜んでもらえる出来になりそうです。
乞うご期待です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

夜間瀬川等砂防促進期成同盟会で地滑り対策集水井(せい)工事現場を見学


13日午前中は、志賀高原の山の中に入りました。
夜間瀬川等砂防促進期成同盟会の現地視察です。

夜間瀬川上流には、地滑りの危険地帯があります。
その対策工事が行われている現場を見学させていただきました。


枯れ木も山の賑わい(27.10.13)


林道をしばらく走って、そこからは歩きです。
林の中は、紅葉真っ最中です。

この木は枯れ木ですが、いい味出しています。
「枯れ木も山の賑わい」とはよく言ったものです。


集水井を見学(27.10.13)


こんな山奥に工事現場があります。
集水井(しゅうすいせい)と呼ばれる、水抜きのための大きな井戸です。

堆積土壌と硬い地層の間の地下水を排水し、地滑りを抑えます。
深さは10数メートルもあります。


集水井の中をのぞく(27.10.13)


中をのぞくと、横穴ボーリングの工事中でした。
縦井戸の周辺から水を集めるための鉄パイプを打ち込みます。

数えきれないほどのパイプが使われます。
底に集まった水は、排水パイプで近くの沢に放流されます。

現在、志賀高原全体で約20本の集水井が設置されています。
その効果があって、地滑りもこのところは抑えられています。

下流住民の財産と命を守るためのこうした工事は、必要です。
そして、年間数百万も訪れる観光客のみなさんの安全のためにも大事です。


ヤマブシタケ発見(27.10.13)


歩きでの帰り道、きのこを発見です。
ヤマブシタケではないか?、と思ったんですが、自信がなかったので採取は断念。

山伏の衣装に着いている、あの白いボンボンに似ていることから付けられた名前です。
帰宅してからネットでググってみたら、やっぱりそうだったみたいです。

残念、とも思いましたが、少し「ながれて」いる雰囲気もあったので諦めです。
「君子危うきに近寄らず」ですね。 


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

ヒゲワタ

Author:ヒゲワタ
FC2ブログへようこそ!
高社山のふもと宇木に在住
古代桜ふるさと事業実行委員
古代桜の素晴らしさと地元のリンゴやぶどうの美味しさを大勢の人に知ってほしい。

 ~当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者カウンター
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ    ↓ ↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
リアルカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
905位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
130位
アクセスランキングを見る>>
国交省ハザードマップ
国交省ポータルサイトです。重ねるハザードマップ、わがまちハザードマップはこちらから ↓ ↓
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。