スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田「生駒菜館」はふるさとの味


27日、午後1時からは、「メルパルクホール」で研修会です。
浜松町駅から徒歩10分、芝公園に近いところです。

初めてではありません。
何度か別の研修会で来たことのあるホールです。


メルパルクホール(26.5.27)

建物自体は、結構古い感じです。
1600人が全国から集まりました。

席はぎっしり満員。
前後左右きちきちです。

私が最も苦手とするパターンです。


研修会(26.5.27)

ここに4時間も缶詰め状態です。
落ち着きません。

身動き取れない状況で数時間は、とても持ちません。
変な汗をかきますし、血圧が上がります。


東京タワーと増上寺(26.5.27)

途中で抜け出して、近所を散歩です。
芝公園や東京タワーがすぐ目の前でした。

手前の増上寺は「ゆく年くる年」でも有名なお寺です。

学生時代に、近くの神谷町の印刷所で仕事をしていました。
この辺は、2年以上定期券で通った懐かしい場所です。

東京タワーは、中学の修学旅行で登った思い出の地でもあります。


生駒菜館神田店(26.5.27)

午後5時、研修会1日目が終了です。
同じ下高井郡ということで、わが町の2人と、木島平村、野沢温泉村からの参加者合わせて8人で一緒に懇親会を、ということになりました。

郷土出身者のお店が、ちょうどホテル近くの神田にあるということで、そこを会場にお願いしました。

「生駒菜館」さんです。
野沢温泉村のみなさんの行きつけということでしたが、ご主人の話を聞くと、なんとわが山ノ内町、しかもよませの里の本郷の出身とのこと。

共通の知り合いもたくさんいて、びっくりしました。


生駒菜館で懇親会(26.5.27)

ご主人も一緒になって、ふるさと談議で盛り上がりました。
こんな都会に、ゆっくりできる居場所発見、という感じです。

また東京に来たときは、お邪魔したいと思います。


神田駅ガード下(26.5.27)

神田のガード下です。
これが東京。
景色といい、においといい、懐かしい都会の雰囲気です。

二次会までは全員で移動しましたが、その後は自由行動です。

一人で街をふらふら彷徨うのは、最高に楽しいです。
わくわくします。

まさに「自由」な行動を満喫です。


天下一品(26.5.27)

ホテルに帰って寝る前に、〆のラーメンです。
有名店の支店がホテルのすぐそばにありました。

でも、長い行列ができていました。
一旦ホテルに帰って、すくのを待ちました。

11時過ぎになって、ようやく入店できました。


天下一品ラーメン(26.5.27)

コンビニのカップラーメンでは食べたことがありました。
全然違います。

本物(?)、初めていただきました。
さすがの味。

まさに「天下一品」ですね。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

新幹線E7「あさま」で東京へ


26日は、午前、午後と役場で会議でした。
お昼は、仲間と外食になりました。


26日の昼食(26.5.26)

いつもの「関英ドライブイン」さんです。
最近、世代が変わったようで、店内が改装されていました。

ちょっと明るくなった感じです。
メニューも新しくなっていました。

「日替わり定食」を注文してみました。
「海鮮ユッケ丼とぶっかけそば」850円です。

美味しかったです。
変わらない良さと、変わっていく良さ、どちらもありです。



明けて27日、東京へ向けて旅に出ました。
一泊二日の研修がありました。


E7先頭部(26.5.27)

長野駅新幹線ホームで待っていた車両は、なんと「E7」でした。
実物は初めて見ました。

テンション上がります。


E7エンブレム(26.5.27)

エンブレムもかっこいいです。
北陸新幹線金沢延伸後の主力車両になります。


独特なパンタグラフ(26.5.27)

パンタグラフも独特な形です。

10時11分発の「あさま518号」は、途中大宮にしか停まりません。
1時間20分、11時31分には東京駅です。


客室(26.5.27)

自由席ですが、ゆったりした客室です。
足元にはコンセントがあって、ケータイ充電ができるので助かります。

ちなみに、長野東京間の片道自由席の料金は7680円です。
この「E7」の売りは、「グリーン」より上の「グランクラス」。

興味はありますが、料金は約6000円増し・・・。
ちょっと無理です。


東京駅で昼食(26.5.27)

走行中の揺れはほとんどなく、音も静かです。
快適な時間を過ごすことができました。

研修先の「メルパルクホール」に向かう前に、腹ごしらえです。
東京駅の中のお店に入りました。

このお店のメニューは、すべてが野菜と穀類でできています。
魚介も牛乳も肉も卵も一切使っていません。

不思議な味のカレーでした。


東京ではたくさんの写真を撮りました。
続きは、明日以降アップします。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
関連記事

残念な案内看板・・・


24日は、花植えボランティアの後も用事が立て込んでいました。
まず、8時半、宇木区民会館前では、高社山の開山祭の登山隊の出発式でした。

例年、5月8日が開山祭と決まっていますが、今年は雪が多く、延期せざるを得ませんでした。

私は、ほかの用事で登れないので、お見送りだけさせていただきました。
下山後の直会の方も参加できず、残念でした。


さわやか千歳総会(26.5.24)

飲み会が重なるときは重なるものです。
開山祭の直会と同じ3時、よませふれあいセンターでは、NPO法人「さわやか千歳」の定期総会でした。

主催者側なので、欠席する訳にはいきません。
総会終了後は、懇親会です。

女性スタッフの手作りの玉子サンドが美味しかった~。

5時ごろまでお付き合いさせていただいて、次の場所に移動です。


夕方の湯田中駅(26.5.24)

つれあいに湯田中駅まで送ってもらいました。
普通列車が停車していました。

終点駅ならではの光景。
奥には、今日登山隊が登った高社山が見えています。


案内看板が・・・(26.5.24)

何気なく、駅構内の案内看板を見ていたら・・・。
違和感がありました。

赤矢印のところ、なにか足りません・・・。
う~ん、残念!!。


湯田中渋温泉郷アーチ(26.5.24)

駅から少し歩いて、栄橋を渡ると、穂波温泉です。
入り口には、歓迎のアーチがあります。

「湯田中渋温泉郷」の中の穂波温泉ということです。
おサルが2匹のっているところが、山ノ内町らしいところです。


「太陽」さんで総会(26.5.24)

この穂波温泉の居酒屋「太陽」さんが、次の宴席です。
中小商工業者と農家の仲間の会の総会でした。

総会は簡単に済ませて、懇親会です。
10人ほどの宴会です。

今日、二座敷目ですが、生ビールが美味い!!。


冷酒うまし(26.5.24)

その後の冷酒も美味し!!。
飯山の銘酒、「水尾」です。

製造元の田中酒造には、友だちが勤めています。
野沢温泉の湧水を使用した、澄んだ味のお酒です。

初夏を思わせるような日の終わりには、格別です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

道の駅「北信州やまのうち」で沿道花植えボランティア


24日は、朝6時50分からボランティア活動です。
道の駅「北信州やまのうち」の駐車場には、60人ほどが集まりました。

この日の作業は、国道292号線(オリンピック道路)の道の駅側と反対側のチェーンベース周辺の草刈りと、沿道の花壇の花植えです。


白い花を抜いて(26.5.24)

去年植えた白い花が、ぎっしりと密集して咲いています。
植えるスペースはありません。

なので、白い花を根っこから抜き取って、空いたスペースに苗を植えます。


赤い花を(26.5.24)

等間隔に赤い花、黄色い花を植えていきます。
植えるのは簡単ですが、しっかり根を張った去年の花を抜くのが大変です。

数年前までは、200人ほどでやっていた作業です。
町長いわく、人数を減らしたのは、「みなさんの負担を軽減すべく・・・」だそうです。

分かりますが、出労している(させられている?)私たちにとっては負担増です。


こんな風に植えます(26.5.24)

こんな感じになります。
縁石一つに一本の間隔です。

1時間ほどで作業は終了しました。
朝っぱらからの力仕事は大変でしたが、やり終えると清々しい気持ちになります。


花を分ける(26.5.24)

最後に、抜き取られた白い花は、ほしい人みんなで山分けです。
せっかくの花を捨てたりはしません。

花づくりアドバイザーさんから、植え方や管理の仕方を教わります。
これからこの白い花たちは、今日の参加者のお宅の庭で咲き続けることになります。

めでたし、めでたし・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

農業体験学習の下見をご案内 ~桐光学園中学校~


22日は、7月にわが町で農業体験を行う、桐光学園中学校の先生方の下見に同行させていただきました。

旅行会社の担当者さん、町農林課職員とともに受け入れ農家や対面式会場などをご案内しました。


ハウスのぶどう(26.5.22)

ハウスでは、もうぶどうが房になっていました。
子どもたちには、傘かけや袋かけ作業を手伝ってもらう予定です。


イチゴハウス(26.5.22)

こちらのハウスは、イチゴです。
収穫済みの苗を抜き取る作業があります。

7月のハウスの中は40℃以上にもなります。
脱水にならないように気をつけなければなりません。


エノキ農家(26.5.22)

こちらは、エノキ農家です。
室温は、いちばん低い部屋で5℃以下です。

涼しいというレベルではありません。
風邪をひかないように気をつけなければなりません。


ケース巻きマシン(26.5.22)

エノキの栽培ビンにケースを巻く機械です。
昔は、一本いっぽん手で巻いていましたが・・・。

とにかく早いです。


エノキダケ(26.5.22)

収穫直前のエノキダケです。
一本当たり平均で350グラムも収穫できるそうです。

子どもたちには、収穫作業などを手伝ってもらう予定です。


生まれたて(26.5.22)

牛飼いさんの牛舎を訪問しました。
今日生まれたばかりの子牛がいました。

まだ濡れています。
生まれたてですが、体重は40キログラムもあります。

まだ目が見えていないのか・・・。
うずくまって震えています。


生後2日(26.5.22)

隣には、昨日生まれた子牛です。
かわいいです。

耳も目もしっかりしているようです。
しきりに、人の動きを追っています。


生後2か月(26.5.22)

檻を脱走して元気に飛び回っている子牛は、生後2か月です。
好奇心旺盛です。

何度檻に戻しても、すぐに脱走してしまいます。
飛び跳ねたり、ダッシュしたり、とにかく元気です。


立った!!(26.5.22)

さっきの生まれたての子牛が、立とうとしています。
何度も何度もよろめいて転んで、繰り返していましたが・・・。

ふらつきながらも立派に自分の足で立っています。
すごいです。

「初立っち」の瞬間を見ることができました。
感動的なシーンでした。

このお宅では、子どもたちに、エサやりなどの作業をしてもらいます。


山ノ内町には、いろんな農家があります。
子どもたちには、農業の大変さややりがいなど、机の上では学べないことを、体験を通じてたくさん学んでいってほしいです。

そして、山ノ内町の自然やそこに暮らす人々を好きになって帰ってくれたらと思っています。
7月の農業体験学習の日を楽しみにしています。


国道403号期成同盟会総会(26.5.22)

夕方からは、国道403号山ノ内地区整備促進期成同盟会の総会でした。
須賀川(すがかわ)の里の北部公民館が会場です。

北陸新幹線金沢延伸、飯山駅開業を来年3月に控え、国道403号線は大事なアクセス道路になります。
木島平村との間に新しい橋が架けられる予定です。

狭隘箇所の改良も進んでいます。
北信州にも高速交通時代がやってきます。

豪雪地帯の国道として、雪に強い、安全な道路にしていかなければなりません。


それにしても、このところ飲み会が立て込んでいます。
体調にも気をつけなければ・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

「夜間瀬かんがい排水事業組合」水神祭


20日は、「夜間瀬かんぱい」の水神祭でした。
3時半、横倉の水神社で神事を行いました。

150年前に、このよませの里に堰を開削してくれた先人のみな様を水神様と呼んでいます。
奥志賀の沢から、50キロメートルにも及ぶ一大事業でした。

「横倉せぎ」と呼ばれていました。
高社山麓の乾燥地帯での稲作の安定栽培に大きく寄与してきました。

今は、果樹地帯約240ヘクタールを潤す大切なかんがい排水として、「夜間瀬かんぱい」が受け継いでいます。


直会(26.5.20)

水神社での神事の後、横倉研修センターで直会です。
組合の役員、来賓など約60人が参加しました。

毎年5月20日が、水神祭の日と決まっています。


懇親会お料理(26.5.20)

今年も、大切な農業用水が安定的に供給でき、リンゴやぶどう、モモなどの果物が、災害もなく、豊作でありますようにと願いながらお酒を酌み交わします。

私にとっては、今日で3日連続の飲み会です・・・。


多加枝屋さんでラーメン(26.5.20)

お開きの後、歩いてうちに帰ろうと思いましたが、捕まっちゃいました。
夜間瀬駅前の食堂「多加枝(たかぎ)屋」さんで二次会です。

常連さんの多い食堂です。
かつて、夜間瀬駅が有人駅だったころ、駅の運営を任されていたうちです。

最後は〆のラーメンです。
ここのラーメンは、ファンが多く、昔から変わらない味。

子どものころから親しんだ、ホッとする味です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

山椒は小粒で・・・・


うちの裏の山椒の木に花が咲いていました。
毎年、知らないうちに咲いて、すぐに散ってしまいます。

今年は、珍しく気がつくことができました。


山椒の花(26.5.17)

ミカン科なんだそうです。
雌雄別々の木で、それぞれに花がつきます。

うちのはどっちなのか・・・?。
ネットで調べると、どうやら雄花のようです。

もう高さ3メートルほどになっています。
「山椒は小粒でピリリと辛い」と言いますが、この木に実はなりません。

でも、雄花と若葉は、つくだ煮にすると美味しいんだそうです。
うちではやったことはありませんが・・・。

これからの時期は、アゲハチョウの幼虫がどこからか出てきて、葉はバリバリと食べられちゃいます。
でも、害虫扱いはかわいそうなので、放っておくことにしています。


「みかさ」で慰労会(26.5.19)

19日夜7時からは、文化センターで町の体協の代議員会がありました。
大役をお引き受けすることになってしまいました。

また、忙しくなりそうです・・・・・。

代議員会終了後、新旧三役と事務局で慰労会です。
湯田中駅前の「みかさ」さんにお世話になりました。

わが町のスポーツ振興をどう進めていくべきか。
そんな堅苦しい話ではなく、もっぱら卓球やゴルフ、バスケットのルール変更のことや、用具の進化のことで話が盛り上がりました。

気がつけば、閉店の時間・・・。
久しぶりの午前様でした。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

北信五岳に「幻日」を見た


リンゴの花も落ち、18日は久しぶりに防除作業でした。


エスエス防除作業(26.5.18)

SS(エスエス)と呼んでいます。
スピードスプレヤーの略です。

うちのは、3軒共同で使っています。
タンクには600リットル入ります。

リンゴの畑全体で2タンク分を散布します。
今年は、風の強い日が多い気がします。

風があると、薬剤が思うように掛からず、苦労します。


幻日(26.5.18)

夕方から、町文化センターで飲み会でした。
北信五岳の妙高山と黒姫山の間に、陽が沈もうとしていました。

斑尾山上空に「幻日」が現れていました。
静かな夕景です。


送別会(26.5.18)

この日の宴席は、町の消防団長さんの退任送別会です。
消防署や消防団員、行政関係者も含めて55人が参加しました。

副団長から団長と4年間務めていただきました。
消防団の組織改革に積極的に尽力された方でした。

4年前、無理を承知で、お宅に何度も大勢でお願いに上がりました。
決意していただいたときは、本当にホッとしたのを覚えています。

ご家族にも大きな負担になったと思います。
4年間本当にご苦労様でした。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

「算額」の神社 水穂神社 ~木島平村~


2日続けて木島平村の記事になります。
今日は、木島平村往郷中島の「水穂神社」を紹介します。


水穂神社(26.5.16)

大きな神社ではありません。
でも、ただの神社ではありません。

有形文化財がある神社です。


日清戦争戦勝記念碑(26.5.16)

入り口の石柱は、裏に文字が刻まれていました。
日清戦争戦勝記念とあります。

100年以上前のものです。
文化財はこれではありません。


高札(26.5.16)

鳥居に向かって右側には高札があります。

墨が薄くなってよく読めませんが、「定  車馬を乗り入れる事、 鳥魚を捕る事、 竹と木を伐る事を禁ずる」と書かれているようです。

これも文化財ではありません。


裏には絵馬が(26.5.16)

高札の裏にまわってみると、新しい絵馬がたくさんぶら下がっています。
学業成就を願ったものが多いようです。

これには理由があります。
この神社には「算額」が奉納されているんです。

この「算額」こそが有形文化財です。
写真は撮れませんでしたが・・・(下のリンクからは画像が見られます)。

ここには、2枚の「算額」が奉納されています。
そのうちの1枚は、1800年のもので、村にある8枚中最古のものです。


説明看板(26.5.16)


「算額」とは
 「江戸時代、鎖国で海外との交流がほとんど無かった中で、日本独自の数学として興隆したのが「和算」です。当時の研究者たちは難問が解けたときの喜びや、学問成就の願いを絵馬にして、神社・仏閣に奉納しました。これが現在「算額」といわれるものです。数学の問題を絵馬にして、神社・仏閣に奉納する「算額」という文化は日本独自のもので、当時の学問水準や師弟の系統を知る上で貴重な資料となるものです。」

「算額」と木島平村
「日本の和算研究は、16世紀に関孝和によっって大成し、その後全国に普及したものと伝えられています。木島平村においては、旧往郷村の算額研究家、野口湖龍保敞(幼名宗三郎)とその門人達によって、雪国の文化風土の中で育まれました。
 その成果を示す「算額」は村内原大沢地区の天満宮に3面、西小路地区の満昌院に1面、西町の天然寺に1面、中島の水穂神社に2面、中村の一川谷大元神社に1面の合計8面が現存し、人口の少ない限られた地域にこれだけの面数があることは全国的にも稀有な事として注目されています。」


(上記「 」内は、木島平村のホームページから転載させていただきました。)


直接見ることはできませんでしたが、現代でもかなりの難問を解いていたようです。
詳しくはこちらからどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
「和算の館」
http://www.wasan.jp/
 水穂神社1
 http://www.wasan.earth.linkclub.com/nagano/mizuho1.html
 水穂神社2
 http://www.wasan.earth.linkclub.com/nagano/mizuho2.html

1枚は複雑な面積を求める問題、もう1枚は測量計算の問題です。
この地域が、昔から学問や教育に熱心だったことが伺えます。


ケヤキの切り株(26.5.16)

境内に気になるものが・・・。
ケヤキの大きな切り株がありました。

まだ切ったばかりのようです。
何があったんでしょうか?。

樹齢数百年クラスの大木だったと思われます。
神社の象徴でもあったはずです。


江戸時代、「算額」を奉納した人々も見上げたに違いないケヤキの樹。
古木好きの私としては、残念としか・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

雪解けの樽川上流 ~木島平村~


国道403号線で、山ノ内町須賀川の里の裏落合から、樽川の橋を一本渡ると木島平村に入ります。

この辺は、有数の豪雪地帯です。


玉滝不動尊(26.5.16)

冬に山々に降った雪が解けて、樽川に流れ込みます。
その水が、下流の「木島米」で有名な木島平の水田を潤します。

国道403号と樽川が交差するところに、玉滝不動尊があります。
国道から太鼓橋が架かっています。


雄滝(26.5.16)

太鼓橋から下をのぞくと樽滝があります。
もともと、この雄滝とそのすぐ下流に連続した雌滝とをセットで樽滝と呼んでいました。

この2本の滝の間の左岸には、高さ80メートルの岩壁があります。
年に2回だけ現れる「幻の滝」の岩壁です。

「滝」は、水力発電所の余水放流のときにだけ現れます。
5月は8日と決まっています。
最近では、10月第3日曜日にも放流があります。

今は、この「幻の滝」も樽滝と呼ばれるようになりました。

雄滝には、夕方ひとりで近づくと、滝の底に引きずり込まれる、との伝説があります。
雌滝には、大蛇が住んでいて、雨乞いの願いを叶えてくれると謂われています。


ヤマブキの花(26.5.16)

国道端の斜面には、ヤマブキの花が咲いていました。
一重の五枚花びら、まさに山吹色です。

鮮やかな色。
小判の色にも例えられる、縁起のいい色?です。


上流から廃道の橋(26.5.16)

雌滝のすぐ下流には、廃道になった橋が架かっています。
廃止されて何十年にもなるのに、なぜ取り壊されないのかは定かではありません。

石積みの、結構いい味出しています。
こういうの好きです。


下流から廃道の橋(26.5.16)

下流から見ても、いいです。
橋の入り口の真ん中にど~んと電柱が立っています。

手前にはガードレール、渡れないようになっています。


お地蔵さんと八重桜(26.5.16)

さらに下流の上木島の田んぼです。
お地蔵さんのいる墓地には八重桜・・・。

散り花で残念ですが、水の張られた田んぼに花筏(いかだ)です。
もう、田植えの準備です。

雪解けで樽川が増水する時期が田植えの時期です。
絶妙なタイミングです。


日本の自然条件と稲作との関係には、無理がありません。
何千年と繰り返されてきた、人々の営みです。


 参考
 樽滝(長野県)ーwikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%BD%E6%BB%9D_(%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C)


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

花びらは雪のように


今日、気づいたら、うちの庭のボタンが真っ赤に咲いていました。
お袋が若いころは、庭の花たちを手入れしてくれていました。

最近は足も弱り、畑にも出なくなりました。
軽い認知症もあって、庭の花にも関心がなくなってしまったようです。


うちの庭のシャクヤク(26.5.15)

草もボーボーになっています。
そんな状態でも、花は時期が来るとちゃんと咲き始めます。

まわりの緑色だらけの中でこの赤色は、目が痛くなるほどです。


花びら積もる(26.5.15)

今日は、久しぶりに午後から雨になりました。
植物にとっては、恵みの雨。

いいお湿りになりました。

雨が降ると、桜の花びらは一斉に散りだします。
うちの八重桜、ずいぶん長く咲き続けてくれていましたが・・・。

大きな樹なので、花びらも半端な量ではありません。


クローバーも覆い尽くす(26.5.15)

下のクローバーも埋め尽くされそうです。
雪が積もるような感じです。

まだまだこれからも降り積もりそうです。

地面を覆い尽くす(26.5.15)

「♪誰もが 泣いてる 涙を人には見せずに・・・」

桜は、散り際が見事だとよく言われます。
でも、散るときにこんなに寂しい気持ちにさせる花はないんじゃないでしょうか。


「♪悲しみが 雪のように 積もる夜に・・・」

なんか感傷的な夜です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

リンゴ畑で「ボヤ」燃やし


13日夜、よませ温泉スキー場の「ホテル明光」さんで懇親会でした。
町の行政関係の交流会です。


懇親会(26.5.13)

約30人が参加しました。
飲み放題コースということで、だいぶ盛り上がってしまいました。


鳥り藤さんで二次会(26.5.13)

これで帰ればちょうどいいのに・・・・。
西部のメンバーだけで二次会、ということになりました。

夜間瀬駅前の「鳥り藤」さんです。
生ビールがおいしい季節になりました。

調子にのって飲みすぎました。



リンゴ畑はタンポポだらけ(26.5.14)

明けて14日、朝からリンゴ畑でお仕事です。
だいぶ草が「ほけて」きました。

リンゴの花はほぼ散っていますが、代わりにタンポポが満開です。


タンポポに蜜蜂(26.5.14)

蜜蜂がせっせとお仕事中です。
リンゴの花が満開の時も頑張ってくれたんでしょう。

近寄っても逃げようとしません。
働き者です。


リンゴの葉に蜜蜂(26.5.14)

と思ったら、リンゴの葉で休んでいるのも・・・。

カメラを構えたら、目が合ってしまいました。


花も散って・・・(26.5.14)

リンゴは、花びらが散って今はこんな感じです。
これから実が膨らんできます。

また摘果の仕事が始まります。
ひとつの花相にはひとつだけ実を残します。

基本的には、中心花を残します。
最終的には、枝や樹全体のバランスを見て、さらに摘果します。

でも、今日のお仕事は摘果ではありません。


ボヤ燃やし(26.5.14)

これです。
剪定で出た「ぼや」を燃やす仕事です。

畑の隅で「焚き火」です。
あまり大きな火にならないように注意しながら焚きます。

まわりのリンゴの樹に影響がないように、下草火災にならないように・・・。
結局、夜の8時過ぎ、真っ暗になるまでかかってしまいました。

ぼ~っと、火を見ながら一日が過ぎました。
たまにはこんな単純作業もいいもんです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

「五色桜」はまだまだ頑張ってます ~どんぐりの森公園~


よませの里前坂のどんぐりの森公園では、まだ桜が健在です。
標高約700メートル地帯にある公園です。

下界ではもうとっくに終わってしまった桜ですが、ここでは今が見頃です。
足立区からいただいた「五色桜」ですが、5種類ということではありません。


どんぐりの森公園(26.5.13)

たくさんの種類を「五色」と表現したものです。

ここの「五色桜」は、種類によって開花時期がかなり違うようです。
ゴールデンウィーク前から5月いっぱいまで、切れ目なくリレーで咲いてきます。

遠くに見えている白い山は、竜王山です。
まだスキー場には雪が残っています。


八重桜アップ(26.5.13)

今は、遅咲きの種類の八重の桜が満開です。
びっしりと花びらが密集して、豪華です。

重みで枝もしなるくらいです。
正直、こんなに桜がまだ残っているとは思っていませんでした。


緑とピンクの競演(26.5.139

花びらが緑色の八重桜がちょうど盛りです。
御衣黄(ぎょいこう)でしょうか・・・。

単独だと地味で目立ちませんが、ピンクの桜の中で咲いていると対比がきれいです。


厳しい冬の爪痕(26.5.13)

よく見ると、この冬の大雪の爪痕が残っていました。
かなり太い枝が、雪の重みで折れてしまったようです。

こんな目に遭っても、健気に一生懸命花を咲かせています。
この生命力には頭が下がります。


里ではもうとっくに桜は散り、リンゴの花ですら散り花だというのに・・・。
ここの「五色桜」は素晴らしいです。



これだけ長期間にわたって桜が楽しめるなんて・・・。
改めて思いましたが、よませの里は広いです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

開業を待つ駅 ~北陸新幹線飯山駅~


9日、飯山市の斑尾高原ホテルで会議に出席しました。
「信越9市町村広域観光連携会議総会」です。

来年3月開業予定の北陸新幹線金沢延伸にともない、飯山新駅を中心としての広域観光の連携を話し合う会議です。


信越9市町村広域観光連携会議総会(26.5.9)

9市町村とは、中野市、飯山市、妙高市、飯綱町、信濃町、木島平村、野沢温泉村、栄村、そしてわが山ノ内町です。
「信越自然郷」のブランドで売り出し中です。

長年にわたる地域の悲願が、いよいよ形になります。
昭和の時代からの誘致活動には、途中、紆余曲折もありました。

ミニ規格になりそうになったり、飯山がルートから外されそうになったり・・・。


セブンイレブンから見た新幹線飯山駅(26.5.10)

中野市から綱切橋を渡って、飯山市に入ったところにあるセブンイレブンからの北陸新幹線飯山駅です。
高い高架の上が新幹線です。

駅舎では3階が新幹線ホームになります。
2階がJR飯山駅と新幹線の改札になります。


工事中の新幹線飯山駅(26.5.10)

正面から見た駅舎です。
周辺の工事が行われています。

広場や駐車場、立体駐車場などの関連工事です。


丘の上から見た新幹線飯山駅(26.5.10)

丘の上に上がってみました。
駅から上越よりの飯山トンネルの上になります。

駅前のロータリーが姿を現しました。


* 下に新飯山駅のCGでの3Dシミュレーションを貼っておきます。
 (飯山市の公式ホームページより)





この北陸新幹線飯山駅に寄せる地元の期待は、とても大きいものがあります。
首都圏からだけでなく、北陸からの観光客数も増えるはずです。

人の流れが確実に変わります。
1日の乗降客数を2600人と見込んでいますが、これは未知数です。

1日に何本停車するのかもまだ決まっていません。
駅からの二次交通網の確立や、広域的な魅力の発信など課題は山積です。

9市町村の連携も当然ですが、各自治体独自の取り組みも大切です。


 参考
 飯山市公式ホームページ「新幹線・まちづくり情報」
 http://www.city.iiyama.nagano.jp/contents/shinkansen_machidukuri
(北陸新幹線飯山駅に関する情報満載です。)



↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

消えゆく駅 ~JR飯山線飯山駅~


今年は、「いいやま菜の花まつり」に行きそびれてしまいました。
土曜日に、近くに行く用事があったので、飯山の駅を見に行きました。


JR飯山駅(26.5.10)

JR飯山線飯山駅です。
寺の町飯山らしい、風情のある駅です。

今、1日の乗降客数は約500人ほどです。
この日は、週末で菜の花まつりも終わった後ということで、静かでした。


ホームの鐘楼(26.5.10)

この駅の名物は、ホーム上にある鐘楼です。
ほかの駅にはない、いい雰囲気を醸し出しています。

でも、この駅は、11月に移転が決まっています。


JR飯山駅ホームから新幹線飯山駅を望む(26.5.10)

西側に約300メートル、奥に見えている北陸新幹線飯山駅1階に移転されます。
それにともない、この駅舎やホームは取り壊しとなります。

鐘楼がどうなってしまうのかは不明です。
新駅に移設してほしいと思いますが・・・。


JR飯山駅と新幹線新駅(26.5.10)

JR飯山駅前から北陸新幹線飯山駅舎を見ると、こんな感じです。
北信州にもいよいよ新幹線時代が到来します。

来年3月には、北陸新幹線金沢までの延伸開業される予定です。
新駅の1日の乗降客数は、JR飯山駅の5倍以上の2600人を見込んでいます。

静かな田舎のローカル線の駅、飯山駅が生まれ変わります。
11月には、JR飯山駅移転に合わせ、新駅舎の一部が開業します。

人の流れが一変し、地域の活性化が進むことでしょう。


でも、一抹の寂しさを感じるのは私だけでしょうか・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
関連記事

柏崎市「谷川新田美伝の会」と千本八重桜たち(2)


八重桜たちを見せていただいた後は、交流会(懇親会)です。
マイクロバスを先導していただいて、会場へ。

「谷川新田美伝の会」の事務所もある「清明館」に案内していただきました。
山から下ってすぐ、田んぼに囲まれた静かな集落の中です。


清明館(26.5.7)

古民家を改造した、味のある建物です。
かつては、この集落の庄屋さんの家だったそうです。

広い屋敷と庭です。
内部は、梁、柱ともに太いケヤキで頑丈な造りになっています。

歴史を感じさせる建物。
さすがです。


ホタテ浜焼き(26.5.7)

交流会の最初は、庭でバーベキューです。
カレイやホタテを浜焼きでいただきました。

お天気も良く、外で食べたり飲んだりするのには最高の日和です。

浜焼きをいただいている間、会長さんは席を外して厨房で何やらせっせとお仕事です。


鯛のお刺身(26.5.7)

ジャ~ン!!。
鯛のお刺身です。

会長さん自ら捌いてくれていました。
これだったんですね。

昔は、魚屋さんで仕事をしていたことがあったんだそうです。
ほかにも、大型のヒラメも捌いてくれました。

すごいです。


交流会(26.5.7)

涼しくなってきたので、今度は、席を室内に移動しました。
お互いの桜を褒め合ったり、これまでの活動のこと、これからの夢など、桜好きの仲間の話は尽きることはありません。

地酒もたくさんいただきました。
古民家での宴会は、とてもいい雰囲気でした。


ごちそうの数々(26.5.7)

「♪鯛やヒラメの・・・」。
そのほかにカニまで・・・。

まさに「竜宮城」にでも来たようです。


楽しい時間はあっという間に過ぎ、「座のお決まり」です。
「北信流」のお盃きごとで、お礼をさせていただきました。

本当に楽しい交流会でした。
今後も、桜を通して交流を深めていきたいと思います。


日本海フィッシャーマンズケープ(26.5.7)

清明館でみなさんとお別れして、帰り道、お土産のお買い物です。
日本海フィッシャーマンズケープです。

新鮮な魚介や干物など、海の町柏崎らしいものがたくさん並んでいます。
家族にも美味しいものを買って帰らなければ・・・。


味噌ラーメン(26.5.7)

最後の休憩は、新井のハイウェイオアシスです。
飲んだ後には、やっぱりラーメンです。

限られた時間で、味噌ラーメンとミニチャーハンセットをいただきました。


「水を飲むとき、井戸を掘った人のことを思い出せ」という言葉があります。
満開の素晴らしい桜を見上げた時、それを植えた人々、守ってきた人々のことを忘れてはいけない。

本当にそう思います。



桜たちは、私たちの子どもや孫の代、そのまた先々の子孫の代になってもずっと咲き続けることでしょう。
桜を愛でる心と心の交流は、これからもずっと続いていきます。

(おわり)



↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

柏崎市「谷川新田美伝の会」と千本八重桜たち(1)


マイクロバスは、新井サービスエリアから一路柏崎市へ。
柏崎駅には、「谷川新田美伝の会」の会長さんたちが迎えに来てくれました。

先導していただいて、谷川新田へ向かいます。
山へ山へとのぼること約30分。

到着したところは、「海の町」柏崎のイメージとは全く違う山の中でした。


千本八重桜③(26.5.7)

谷川新田は、清水谷という地区の元棚田だったところです。
そこかしこに八重桜が植えられています。

見晴らしも良く、米山や、遠く日本海まで望むことができます。


千本八重桜①(26.5.7)

「谷川新田美伝の会」は、ここ黒姫山(信州の黒姫山とは別の山)の中腹にある荒廃した約3万坪の風光明媚な棚田を八重桜の郷として後世に伝えていくことを目的に、柏崎市民の賛同者を募って平成8年に発会しました。

植樹の際には、桜に寄せる夢や希望、感謝の気持ちを一本いっぽんメッセージプレートに託して苗木に取り付け、平成10年から14年までの5年間で1000本の植樹を達成。

その後も毎年5月には、植樹された市内外の方々と観桜会を行い、ボランティアスタッフの協力で、林道の除雪や棚田の整備、風雪で傷んだ桜の修復、草刈り、冬囲い作業を継続して実施されています。


八重桜アップ(26.5.7)

満開の時期を少し過ぎていましたが、そのスケールの大きさには感動しました。

「美伝の会」は、平成24年度の国土交通省「みどりの愛護のつどい」で大臣表彰を受賞しています。
花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間団体で、国民的運動としての緑化推進活動の模範と認められたものです。


千本達成記念碑前で記念撮影(26.5.7)

千本達成記念碑の前で、会長の飯塚さんを囲んで記念撮影です。
ここには、宇木の古代桜とはまた違った桜の物語があります。

「千本の桜も一本から」ですね。
荒廃地を整備し、ここまでの八重桜の郷にするまでには、気の遠くなるような努力があったはずです。


千本八重桜②(26.5.7)

棚田だったころの風景も見てみたい気もします。
耕作放棄されるには、それだけの理由があったはずです。

お聞きすると、ここは冬には数メートルの積雪があるそうです。
なるほど、桜の樹に低い枝はほとんどありません。

雪の上に出た枝は、ウサギたちの格好のエサに・・・。

しかも冬期間は、人間がここには近づけません。
維持管理の大変さは容易に想像がつきます。



満開の桜の下で寝転がって、ゆったりとした時間を過ごしてみたい、
そんな気持ちにさせてくれる場所でした。

(つづく)


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

妙高山の雪形「跳ね馬」はポルシェ? フェラーリ?


7日8時、わが「古代桜ふるさと事業実行委員会」一行10人は、柏崎市「谷川新田」に向けて宇木区民会館を出発しました。

千本八重桜に会いに行くためです。
この日のためにマイクロバスを借りました。

出発後、すぐに缶ビールで乾杯です。
朝から飲めるなんて、そうそうないことです。


新井サービスエリアからの妙高山(26.5.7)

途中、高速の新井サービスエリアでトイレ休憩です。
車内で飲んでいるため、頻繁に休憩が必要です。

妙高山、火打山、焼山は、まだ雪が大量に残っています。
宇木の里から見るのとは違う角度になります。

何気なく撮りましたが、偶然あるものが写っていました。
妙高山の雪形です。

旧妙高高原町出身のつれあいが、写真整理しているときに教えてくれました。


妙高山雪形位置(26.5.7)

分かりますか?
同じ写真の左側を拡大しました。

「跳ね馬」「馬」「馬形」「跳ね駒」などと呼ばれています。
春の農作業の目安にされるそうです。


雪形(跳ね馬円形)(26.5.7)

切り取ってみました。
ちょっと太り気味の「跳ね馬」です。

4月から現れ、やせ馬からだんだんと太って最後は牛のようになるそうです。

「跳ね馬」と言えば、あこがれの名車ポルシェ、フェラーリのエンブレムに共通で使われています。
元気のいい馬は縁起物なんですね。きっと。

見方によっては、角の生えたユニコーンにも見えなくもない・・・。

でも、妙高山の「跳ね馬」は、どう見てもサラブレッドではなく、
「農耕馬」といった感じです。


 参考
 上越タウンジャーナル「妙高山の雪形『はね馬』の一生」
 http://www.joetsutj.com/archives/51731854.html



「谷川新田美伝の会」のみなさんとの交流会の様子は、
明日以降にアップしたいと思います。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

リンゴ畑からの夕焼け


ゴールデンウィークも終わりです。
帰省していた娘も愛知に帰っていきました。

社会人になって初めての帰省でした。
一丁前にお土産なんぞを買ってきました。

ちょっと大人になったように感じました。


リンゴ畑から(26.5.6)

標高約600メートル、うちの山手のリンゴ畑です。
ここも花が咲き始めました。

リンゴの花越しに宇木の集落、その向こうに山ノ内平です。


ツガルの花(26.5.6)

ツガルの花です。
昨日のはフジの花でした。

花びらの色が違います。
品種によって色や咲く時期に違いがあります。

秋にはいいリンゴに育っていてほしいものです。
遅霜、台風、ヒョウ、雪などの被害がないように祈ります。


北信五岳の夕焼け(26.5.6)

日が長くなりました。
畑から帰る前、夕焼けの兆しがあったので、日没後まで待ってみました。

北信五岳の妙高山と黒姫山の間に陽が沈みました。
18時40分過ぎの夕焼けです。

静かな夕方の風景です。



7日は、柏崎市の「谷川新田美伝の会」の千本八重桜に会いに行ってきます。
ちょうど今日陽が沈んだ方角になります。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

宇木の里はリンゴの花が満開


今、よませの里は、桜は八重桜がまだ咲いています。
標高や種類によって咲き始めもあれば、散り桜もあります。

宇木の古代桜たちは、もうすっかり葉桜です。


千歳桜(26.5.5)

5日の「宇木のエドヒガン千歳桜」です。
花の軸がまだ残っています。

これからどんどん葉っぱが大きくなっていくでしょう。


どんぐりの森公園(26.5.5)

先日ご紹介した、どんぐりの森公園の「五色桜」です。
ピンク系の一重と八重の桜がだいぶ咲きました。

これから咲くものも数種類あります。
最初に咲いたウスズミ桜は散り始めています。

開花時期が種類によってかなり差があるようです。
まだまだ楽しめそうです。


リンゴの花が満開(26.5.5)

わが宇木の里の標高600メートル以下地帯では、リンゴの花が満開を迎えています。
リンゴ農家は忙しくなる時期です。

摘花や受粉作業など、手のかかる仕事で、しかも待ったなし・・・。


リンゴの花アップ(26.5.5)

白い可憐な花です。
桜と同じくバラ科ですが、葉が先に出るので、ちょっと地味に見えるかもしれません。

「くだもの王国」のよませの里の春は、いろんな果樹の花が順に咲きます。
今、桃やプラムやサクランボの花は散り始めです。


和梨の花(26.5.5)


うちの畑に遊びで植えてある和梨の花です。
ちょうど満開になっています。

剪定も摘果もテキトーにしているので、毎年小さい実が鈴なりになります。
今年は、少し手を入れていいものが採れるように頑張ってみたいと思います。


ぶどうやブルーベリーなどは、これから花が咲きます。
桜は観て楽しめますが、実のなる花はゆっくり観てはいられません。

やらなければいけない仕事が気になって、楽しめません。
本当はそれぞれきれいな花なんですけどね・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

ゴールデンウィークの茶臼山動物園


4日、愛知から帰省してきている娘のリクエストで、
長野市篠ノ井の茶臼山動物園に行ってきました。

もう今年三度目になります。

前回、前々回は、私は入りませんでしたが、
今日は二人でしっかりレッサーパンダ三昧してきました。


大渋滞(26.5.4)

10時にうちを出発。
順調に茶臼山ふもとまでは来れました。

しかし、ここからが大渋滞です。
ゴールデンウィーク真っ只中の日曜日、混まないはずがありません。

駐車場の空き待ちで、結局1時間以上並んでしまいました。


花のバス停(26.5.4)


その渋滞にはまっているとき、こんなバス停を見つけました。
ベンチに人が腰掛けることがあるんでしょうか。

花のためのバス停です。


賑わう動物園(26.5.4)

動物園に入れたのは、午後1時を回っていました。
ものすごい人、ひと、ヒト・・・。

子ども連れのお客さんがほとんどです。
小動物と触れ合えるコーナーには、人だかりです。


樹の上でお昼寝(26.5.4)

お目当てのレッサーパンダの森に行くと・・・。
昼食後のお昼寝タイムです。

樹の上で口を開けて爆睡中の子は、シンゲン君です。


シンゲン君お目覚め(26.5.4)

やっとお目覚めです。
活発に動き出すまで、待つこと2時間。

ずっとレッサーパンダ舎と森にいました。
娘は・・・、もちろんレッサーパンダ研究者なので、ここを離れません。

16頭いるレッサーパンダを見分けることができます。
しかも、家系図もすべて把握しています。

飼育員さんともお知り合いです。
娘に解説してもらいながら、楽しいひと時を過ごしました。

私は、3時半まで付き合いましたが、さすがに立ちっぱなしは疲れました。
娘は、結局、閉園時間の4時半までねばってきました。

20年ほど前にもゴールデンウィークにここを訪れています。
その時は一家4人一緒で、娘は3歳くらいだったと思います。

今日と同じく、大渋滞に巻き込まれたことを覚えています。
当時のことを思い出しながら、不思議な気分になりました。


茶臼山動物園は、昔から私たちのお気に入りです。



↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

宇木マレットゴルフ愛好会親善大会


ちょっと前になりますが、4月13日に宇木マレットゴルフ愛好会の大会がありました。
今シーズンの初打ち会と会員の親善を兼ねた大会です。

いよいよマレットゴルフのシーズンになりました。


マレットゴルフ初打ち大会(26.4.15)

会場は、夜間瀬川緑地公園マレットコースです。
この日は、会員のうち20人以上が参加しました。

まだ芝が短く、よく転がります。
もうオービー連発です。

みなさんスコアが伸びなかったようです。
私もですが・・・。


懇親会(26.4.13)

大会が終了したら、宇木区民会館に移動して、表彰式と慰労会です。
ご高齢の方が多いんですが、みなさん元気です。

マレットゴルフのいいところは、下手でも人に迷惑がかからないところです。
他の団体競技のように、人の足を引っ張るようなことがありません。

お互いのプレーを褒めながら気持ちよくプレーできます。
慰労会でも、上手な人も下手な人も気兼ねなく飲むことができます。

今年は、私ももうちょっと上達するように、練習に励みたいと思います。





先日の「宇木古代桜まつり」に遊びに来てくれたある方が、まつりの様子を動画に編集してユーチューブにアップしてくれました。

totugekinishikoという女性です。
長野市松代テレビ局で「住民ディレクター」をされている方だそうです。

嬉しかったので、その動画を貼っておきます。
うちの実行委員会メンバーが出演しています。



      「宇木の古代桜めぐり」
      totugekinishiko 

        


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

のぼり旗と案内看板を撤収


2日夕方5時からは、「宇木古代桜まつり」最後の仕事でした。
よませの里を中心に、約50本設置してあったのぼり旗と案内看板の撤収です。

古代桜ふるさと事業実行委員会の男衆のメンバーが集まりました。


のぼり旗と案内看板(26.5.2)

こんな感じで期間中、各所に設置させていただきました。
旅人のみなさんが道に迷わずに安心して「古代桜めぐり」ができるように、4月17日から準備しました。

こののぼり旗が出ている間は、おまつりの雰囲気があります。
撤収となると、ちょっと寂しい感じです。


のぼり旗撤収(26.5.2)

一本いっぽん、支柱と旗を分けて仕舞います。
来年のその時までしばしのお休みです。


区民会館前のしだれ桜(26.5.2)

片付け作業をしている区民会館の目の前のしだれ桜・・・。
もうすっかり葉桜です。

「ご苦労様でした」と言いたいです。


うちの八重桜(26.5.2)

古代桜たちは散ってしまいましたが、うちの八重桜はこれからです。
今、三分咲きです。

まつりで提供させていただいている桜茶の原料は、この桜から採っています。


八重桜アップ(26.5.2)

以前は、区民会館の庭にあった桜です。
区民会館改修の時に、うちのじい様が分けてもらってきて植えたものです。

昭和の時代の話です。
今は、区民会館の庭にはソメイヨシノが植わっていて、八重桜はありません。

じい様も30年以上も前に他界しています。

慰労会(26.5.2)

撤収作業が終了したら慰労会です。

今年の「古代桜まつり」は、天候にも恵まれて大勢の人たちに来ていただきました。
物産の販売も、「桜を守る募金」も過去最高額でした。

大成功のおまつりになりました。

慰労会が終わると、「日常」が戻ってきます。
忘年会までは、実行委員会としての活動はお休みです・・・。

が、今年は別です。
7日に、みんなで柏崎市の「谷川新田美伝の会」さんの千本八重桜に会いに行きます。

どんな場所、どんな風景なんでしょう・・・。
本当に楽しみです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

「五色桜」のどんぐりの森公園


もう5月です。
なんか1年は早いもんです。

「古代桜まつり」の間頑張ってくれた桜たち・・・。
「大久保のしだれ桜」を見に来ました。


大久保のしだれ桜(26.5.1)

もうすっかり葉桜になっていました。
華やかな時は過ぎて、これからは来年のために栄養を蓄える時期です。


どんぐりの森公園(26.5.1)

同じよませの里、前坂の「どんぐりの森公園」です。
ここには、友好交流都市の足立区から贈られた「五色桜」が植えられています。

標高が700~800メートルと高いので、桜はこれからです。
それでも、一部の桜が咲いていました。


ウスズミ桜(26.5.1)

「ウスズミ桜」が満開です。
5枚花びらの真っ白な桜です。

ここでは、一番早く咲き出す種類のようです。


シロタエ(26.5.1)

こちらは「シロタエ」だそうです。
うっすらとピンクの入った八重の桜です。

三分咲きといったところでしょうか。
品のある可憐な桜です。


この公園にはまだ数種類の桜がありますが、咲き出すのはこれからです。
子どもの日の5日頃が見ごろかもしれません。

広い芝生と木製の遊具もあり、お子さん連れでのお花見には最適です。
町の隠れた(?)桜の名所です。


この公園の「五色桜」はワシントンのポトマック河畔の桜と同じものです。
100年以上前にアメリカに贈られた桜が、里帰りしてきたものです。

咲く時期は違いますが、ワシントンと足立区、山ノ内町に同じ桜があるということです。
日米友好の桜、足立・山ノ内友好の桜が「五色桜」です。


 参考
  古代桜のふるさとだより 「日米桜贈呈100周年 友好の五色桜」
  http://martin1833.blog.fc2.com/blog-entry-18.html



おまけですが、公園周辺にはこんなものも・・・。


こごみ(26.5.1)

こごみです。
宇木の里では、もう終わってしまいましたが、ここではこれからのようです。

味噌マヨネーズ和えでも、天ぷらでも美味しいです。
春の山菜は、まだこれからも楽しめそうです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

ヒゲワタ

Author:ヒゲワタ
FC2ブログへようこそ!
高社山のふもと宇木に在住
古代桜ふるさと事業実行委員
古代桜の素晴らしさと地元のリンゴやぶどうの美味しさを大勢の人に知ってほしい。

 ~当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者カウンター
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ    ↓ ↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
リアルカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
694位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
102位
アクセスランキングを見る>>
国交省ハザードマップ
国交省ポータルサイトです。重ねるハザードマップ、わがまちハザードマップはこちらから ↓ ↓
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。