スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーゴルゲームで親善交流大会


29日、町文化センターで、中野市、小布施町、山ノ内町の議員の親善球技大会が開催されました。
年に1回、こうした3市町での交流をしていますが、今回の当番が山ノ内町ということで、選んだ競技が「ゲーゴルゲーム」です。


輪投げ(25.1.29)

わが山ノ内町は、全国大会を毎年開催していて、愛好会も体育協会の正式な競技団体になっています。
でも、ほかの市町村では、まだ知られていないのが現状です。


ゲーゴル(25.1.29)

今回は、親善交流もありますが、このゲームの普及も狙いの一つです。

初心者がほとんどなので、ルール説明から始まります。
実際の競技に入るまで、1時間ほどかかりました。

試合中、そこらじゅうから歓声やどよめき、悲鳴があがります。
結構楽しんでもらえたみたいです。


表彰式(25.1.29)

交流会の第二部は、湯田中温泉のホテル「美湯の宿」で表彰式と懇親会です。

お互いの市や町の情報や政策について交流し合います。


ここからは、グルメブログみたいになります。
「美湯の宿」さんのお料理が素晴らしさは、言葉では表現できないので、写真で見てください。


懇親会(25.1.29)



お品書き(25.1.29)

お品書きです。



八寸(25.1.29)

八寸。




信州牛しゃぶしゃぶ(25.1.29)

信州牛のしゃぶしゃぶ。




お造り(25.1.29)

甘エビ、マグロ、信州サーモンのお造り。




蓋物(25.1.29)

蓋物。




焼物(25.1.29)

焼物。




信州とろろそば(25.1.29)

信州そば。


こんな具合です。
主なお料理でした。

お断りしておきますが、公費はいっさい出ておりません。
すべて会費制ですので、誤解なきように。



解散の後、つれあいに電話して迎えに来てもらいました。

飲んだ後は、どうしてかラーメンが食べたくなります。


おおぎや白みそ中華に煮卵(25.1.29)

中野市岩船の「おおぎや」につき合わせてしまいました。

酔っ払いはわがままです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

長野電鉄特急「ゆけむり号」と湯田中駅周辺


今日は、昨日とはうって変わって、朝から素晴らしい晴天です。
新雪が降ったあとの高社山と宇木の集落をバックに、ゆけむり号を撮りに行きました。


高社山と宇木とゆけむり号(25.1.28)

夜間瀬川鉄橋を渡って、湯田中駅へ向かう特急ゆけむり号です。
右方向が湯田中、左方向が信州中野になります。

11時26分頃です。


停車中のゆけむり号(25.1.28)

湯田中駅まで追いかけてきました。

この車両は、元小田急の「ロマンスカー」10000系です。
今は、長野電鉄1000系と呼ばれています。

大分短くなっています。
運転席は、2階にあります。

先頭の座席からの景色は迫力があります。


駅中温泉「楓の湯」(25.1.28)

湯田中駅の改札口の反対側には、「楓の湯」があります。
山ノ内町の日帰り温泉施設です。

町の総合開発公社が、指定管理を委託されています。
300円(税込み)で入浴できます。

シャンプー、石鹸も備えてあるので、持参の必要はありません。
駐車場もあって、電車の利用客でなくても気軽に入れます。

今日もたくさんの車が停まっていました。

ちなみに、足湯は無料になっています。


湯田中駅を出るゆけむり号(25.1.28)

11時55分、ゆけむり号が長野駅に向けて出発です。
今日乗車した人たちは、車窓からの眺めを存分に楽しめたのではないでしょうか。

個人的には、運転席からの眺めがどうなのか興味があります。


温泉たまご1個50円(25.1.28)

湯田中駅に程近いところに「湯田中ヘルスケアセンター」があります。
その入り口に、温泉たまごの無人販売です。
1個50円。

温泉の町らしい雰囲気を出してくれています。


倒れ掛かってくる普通車両(25.1.28)

帰りに、役場の横の踏み切りで、さっきのゆけむり号と信濃竹原駅で交換してきた普通列車を、車の中から撮りました。

でも、何か変です・・・。

こちらに倒れかかってくるような、車両がねじれているような・・・。
肉眼では、こうは見えませんでした。

デジタルカメラのいたずらです。
高速で目の前を移動する被写体が、歪んで写ってしまいます。

仕掛けを解っていても、私の脳は納得してくれません。
何度見ても、首が左に傾いてしまいます・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村

関連記事

今 冬の志賀高原が熱い!!


今日は、わが山ノ内町の志賀高原のイベント情報です。
真冬のスキー・スノボシーズン真っ只中の志賀高原。

楽しいイベントが開催されています。


第6回志賀高原スノービレッジ

スノービレッジ設営(25.1.28)

主催は志賀高原観光協会です。

一の瀬ダイヤモンドゲレンデに会場が設営されました。
一の瀬ステージは、1月25日から2月2日まで。今回が初めてです。


スノービレッジイルミネーション(25.1.28)

夜7時から9時までイルミネーション、キノコ汁などのサービスコーナーがあります。

3月9日から16日までは、志賀高原総合会館98を会場にメインステージが開催されます。
花火やアウトレットマーケット、フードコーナー、ドリンクコーナーのほか大滑り台も設置されます。

詳細は次をどうぞ(クリックで拡大します)。


スノービレッジポスター表(25.1.28)         スノービレッジポスター裏(25.1.28)

志賀高原観光協会ホームページ「第6回志賀高原スノービレッジ」
 http://www.shigakogen.gr.jp/event/entry-47.html

写真は、町ホームページ(Love-yamanouchi)からお借りしました。



長野オリンピック15周年「おこみんの大冒険」


志賀高原の新ユルキャラ「おこみん」と一緒に、ゲレンデに隠れた動物たちを探そう。


おこみんの大冒険画面(25.1.28)

志賀高原索道協会ホームページ「おこみんの大冒険」
 http://www.shigakogen-ski.com/adventure-of-okomin/


アンドロイド端末でアプリをダウンロードします。
GPS機能を使って、各ゲレンデに隠れている19種類の動物たちをキャッチします。
キャッチした動物の数でオリジナルグッズがもらえます。

半径100メートル以内で方向を、70メートル以内では足跡を表示します。
50メートル以内に入ると動物の画像が出るので、「捕獲」します。

肉食系動物を捕まえると、それまで捕獲した草食系動物は逃げ出してしまいます。
肉食系は、檻に入れておかないと危険です。

捜索期間は、1月23日から3月31日までです。


おこみんの大冒険ポスター(25.1.28)  (クリックで拡大)


志賀高原索道協会主催でドコモが協賛という新しいゲームです。
大自然の中でアンドロイド端末・・・、画期的で不思議なイベントです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

冬の古代桜たち(4)~大久保のしだれ桜~


今日は、雪が降ったり止んだり、あまりはっきりしない天気でした。
宇木の古代桜5本のうちで一番若い(樹齢約180年)大久保のしだれ桜に行ってきました。


大久保のしだれ桜(樹齢約180年)(25.1.26)

二番組の集落が切れて、さらに上の高台にあります。
5本のなかで最も標高の高いところになります。


どっしりとした根元(25.1.26)

近づいて見ると、根元はどっしりとしています。
ほかの桜が350年以上のものばかりなので、まだ若造扱い・・・でちょっとかわいそうですが、180年は立派です。


雪に埋まったお地蔵さん(25.1.26)

このしだれ桜は、お墓の中にあります。
お墓の守り人のお地蔵さんが雪に埋まっています。

帽子は被せてもらっていますが、寒そうです。


元気な幹と枝(25.1.26)

若いだけあって、幹も枝も元気です。

見晴らしのいい場所なので、善光寺平も町の市街地(?)も一望できます。
桜が咲き始めると、近所の人がライトアップしてくれます。

夜桜と善光寺平の夜景を撮影できるポイントです。


宇木の集落を見守るお地蔵さん(25.1.26)

お地蔵さんは、お墓と桜の樹の守り人だとばかり思っていましたが、視点を変えてみると、見守られているのはわたしたち宇木の集落の方だったみたいです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

「古代桜ふるさと事業実行委員会」が始動


24日、午後6時から宇木区民会館で「古代桜ふるさと事業実行委員会」が開催されました。
いよいよ、今年の「古代桜まつり」に向け、実行委員会がスタートです。


古代桜ふるさと事業実行委員会(25.1.24)

昨年の反省を出し合い、事業の決算、今年の段取りと予算が議題です。
お客さんにたくさん来ていただくのはもちろんですが、区民のみなさんにも喜んでもらえるおまつりにしていくことも大事な課題です。

今年で4回目を数えますが、年々お客さんは増えています。
ありがたいことです。

5本の古代桜を観ていただくこと、おいしい果物を知っていただくこと、そして宇木の里とそこで暮らす人たちを好きになっていただきたいと思っています。


夏目漱石直筆の色紙(25.1.24)

実は、私はこの日、別の会議と重なってしまい、「かけもち」です。
7時から、渋温泉の「和合会館」での会議に出席しました。

写真は、夏目漱石自筆の色紙です。
10組ほどありました。

この会館のロビーには、渋温泉や上林温泉などにゆかりの文人墨客の作品が数多く展示されています。
結構すごいお宝もあり、まるで美術館のようです。


今日のお料理(25.1.24)

和合会館での会議は、報告だけさせていただいて、途中で抜けさせていただきました。

また、宇木の実行委員会にとんぼ返りです。
もうすでに会議は終わり、懇親会が宴たけなわ。

「待ってたぞー」と残しておいてもらったお料理とビールをいただいて、熱い議論に合流です。


懇親会(25.1.24)

今年の「まつり」の日程はまだ未定ですが、例年満開を迎えるのは、4月下旬頃です。
大勢の旅人や地域の人たちに喜んでもらい、感動していただけるように、実行委員会一同力を合わせて頑張っていきます。

5本の古代桜たちも、みなさんのお越しをお待ちしております。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

全身を現すと世界滅亡? 「弥勒石仏」


今日は、町指定の史跡、金倉の弥勒(みろく)石仏さんを紹介します。
昨日のリンゴ畑のすぐ下に祀られています。


教育委員会の看板(25.1.23)

教育委員会の看板には、大治5年のもので850年前の平安時代後期の作とあります。
実際は、西暦で1130年のことですので、883年前になります。

町指定の史跡になったのが昭和46年なので、こういう表記です。


清水(25.1.23)

十数段の階段を上ると、清水が湧いています。
小さな境内です。

階段の正面には、六角堂があり、この中にお弥勒さんがいらっしゃいます。


弥勒さん六角堂(25.1.23)

湯田中の金倉が、「牧」(朝廷の牧場)だった頃の石仏で、造像銘のあるものとしては、信濃の国最古のものです。
わが宇木の里のシンボル「千歳桜」が888年目なので、ほぼ同時期ということになります。


弥勒石仏(25.1.23)

お堂の扉を開けて、誰でも参拝することができます。
私もお賽銭を入れて拝ませていただきました。


弥勒石仏アップ(25.1.23)

教育委員会の看板のとおり、親しみの持てるひょうきんな顔の仏さんです。
とても800年以上も前のものとは思えないくらい保存状態は完璧です。

ここには、教育委員会のとは別に観光商工課で設置した別の看板があります。
「です、ます」「である」調の違いだけでなく、内容がまったく違っています。


三体しあわせめぐり看板(25.1.23)

こちらの方が圧倒的に面白いです。
なんかロマンを感じます。
英語での説明もついていて、グッドです。

「大地に埋まった深さ、大きさは未知」「全身を現すと世界滅亡」などと書かれています。

両方を読み比べられるように写真を大きくしておきました。
みなさんはどう思いますか?。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

リンゴ畑を荒らすのは誰だ!!


今日は、湯田中の町観光連盟の事務所に用事がありました。
その帰り、駐車場から車を出すのに、向きが反対方向だったので、ついでにぐるっと街なかを回ってみようと思い、東の方へ車を走らせました。


世界平和観音を見下ろす(25.1.23)

温泉街を抜けて、金倉の集落を上り、民家が切れて弥勒堂まで来てみました。
ここから上は除雪がされていません。
標高は700メートル以上になります。

世界平和観音様を見下ろす場所になります。


土手についた足跡(25.1.23)

まわりのリンゴ畑を見ると、ところどころに何者かの足跡が・・・。
昨日のウサギの足跡とはまったく違います。
土手にも、畑にも、深い足跡です。


無数の足跡(25.1.23)

樹の周りに無数の足跡。
人の足跡はひとつもありません。


枝を食いちぎられたリンゴの樹(25.1.23)

近寄って枝を見てみると・・・。
食いちぎられたり、折られたりしています。

栽培者とすれば、本当に悲しい、悔しい光景です。


ひづめの足跡(25.1.23)

足跡をよく見てみると、くっきりと2本の「ひづめ」の跡。

熊でもサルでもありません。
足跡の深さから、イノシシでもありません。

おそらく、ニホンジカかカモシカ・・・ではないかと思います。
近年、ここら辺では、リンゴの幼木が丸裸になるほど皮を食べられてしまう被害が頻発しています。

とくに、シナノスイートの樹がよく狙われます。
品種によって皮の味や柔らかさが違うのかもしれません。

電気柵やワナを設置したり、猟友会のみなさんも頑張ってくれていますが、完全に防ぐのは困難です。

中山間地域での農業は、ただでさえ作業が大変なところにこうした野生鳥獣被害。
農業を続けていける保障がなくなってしまえば、遊休荒廃農地の増加、後継者不足というように町の農業が疲弊していってしまいます。


山や森林の環境や生態系全体を考えながら、野生動物と人間の共存・棲み分けをどうしていくのか・・・、特効薬がないだけに頭の痛い問題です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

「大勝軒」のルーツはわが山ノ内町にあり!!


山の方の畑に行ってみました。
農道は除雪されていないので、歩くと膝まで沈んでしまいます。


宇木の里から善光寺平を望む(25.1.21)

このところのカミ雪で、善光寺平一帯が真っ白です。
小布施や須坂はあまり雪の降らない地域ですが、今年は、宇木の里とあまり変わらないくらい雪がありそうです。


ウサギの足跡(25.1.21)

雪の上には、動物の足跡が・・・。
左は、私の長靴の跡ですが、右は、ウサギの足跡です。
進行方向は、下から上に向かっています。

4っつの跡を人の顔にたとえると、目の部分が後ろ足、口と鼻が前足になります。
前足を縦について、その向こうに後ろ足で着地します。
ぴょんぴょん跳ねるウサギさんの姿、見えてきましたか?。



池袋大勝軒こころの中華そば(25.1.22)

話は変わって、今日の本題です。

写真は、セブンイレブンで買って来たカップラーメンです。
エースコックの「池袋大勝軒 こころの中華そば」です。

つけそばやラーメンの生麺のシリーズもあったり、「大勝軒」ものを見つけるといつも買ってしまいます。


山岸一雄さんのアップ(25.1.22)

「大勝軒」と言えばこの人。言わずと知れた「山岸一雄」さんです。
「ラーメンの神様」とまで呼ばれる人です。

この笑顔、このスタイル、山岸さんの人柄がにじみ出ています。

頭のタオルは「大勝軒巻き」と呼ばれ、有名です。
山岸さんを尊敬するラーメン屋さんたちも、このスタイルを真似しています。

ちなみに、どう巻くかと言うと、まず、目隠しみたいにきつく巻いて、それを上にずらすんだそうです。
だから形が崩れないということみたいです。


山岸一雄さんは、昭和9年4月、現在の中野市壁田の山岸家の長男として生まれました。
実際は、お母さんの実家(山ノ内町の旧穂波村)で生まれていますから、わが山ノ内町出身ということになります。

お父さんが軍人だったので、幼少の頃は横須賀で育ちました。
しかし、8歳の時にそのお父さんが戦死。
お母さんの実家に疎開し、その後、旧穂波中学校を卒業して上京しました。

1年間は、旋盤工で腕を磨きましたが、「兄貴」と慕う従兄弟の「坂口正安」さんに誘われてラーメンの道に入ります。


いい香り(25.1.22)


坂口正安さんは、わがよませの里の横倉の出身です。
ここで、丸長(まるちょう)、丸信(まるしん)系列と呼ばれるの荻窪ラーメンの原点と繋がります。

丸長の歴史を語るには、ちょっと長くなりますが、戦前から始まります。

戦前、信州そばの職人で青木勝治さんという人(信州中野、湯田中のどちらかの出身)は、日本橋でそば屋を開いていました。荻窪にもうなぎ屋を出して繁盛していたそうです。

しかし、戦争が激しくなり、食料も手に入らなくなり、長野県に疎開せざるを得ませんでした。

戦争が終わると、弟の青木保一さん、青木甲七郎さんを連れて、土地勘のある荻窪へ出ました。
しかし、戦後の混乱期で、そば粉は調達が難しく、小麦粉の委託加工(家庭用に配給される小麦粉を麺に加工)は仕事がありました。

そば職人としての麺打ちの技術、そばつゆの「かえし」や魚介系のだしづくりのノウハウが新しいラーメンを生み出しました。

昭和22年12月、義兄弟の山上信成さん、親戚の坂口正安さんも合流し、荻窪「丸長」を開店します。
当初5人の共同経営でしたが、やがてお客が増えるにつれて、細胞分裂します。

本店は勝治さん、「丸信」は山上さん、「栄楽」は保一さん、「栄龍軒」は甲七郎さんという具合です。
「栄楽」出店の時に坂口さんが山岸さんを誘い、一緒に働くことになりました。

その後、坂口さんと山岸さんが独立して、「中野大勝軒」を開店。

今度は坂口さんが代々木上原に「大勝軒」本店を開き、山岸さんはそのまま中野大勝軒を支店として引き継ぎました。

東池袋「大勝軒」を暖簾分けして開業したのは、昭和36年6月のことです。
山岸一雄さんは、つけ麺の創始者と言われています。
行列のできるラーメン屋さんとして、その後の繁盛ぶりはみなさんご存知のとおりです。
17歳の時から62年、ラーメン一筋の人です。

丸長・大勝軒系列、「丸長のれん会」と呼ばれる店舗は、今では全国に広がっています。

荻窪、阿佐ヶ谷のラーメン(東京ラーメン)の原点は、わが山ノ内町を中心とした北信州のそば職人が作り上げてきたものでした。

ちなみに、丸長の「長」は長野の「長」、丸信の「信」は信州の「信」です。


今日はカップラーメンひとつで、本当に長い記事になってしまいました。
すいませんでした。

最後までお付き合いいただけたでしょうか?。


もっと詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

 魂の仕事人第23回 東池袋大勝軒・初代店長 山岸一雄
 ラーメンは人なり 第7回 山岸一雄(65歳) 大勝軒(東池袋) 「無私」のラーメン職人
 ビジネスイノベーター ラーメンは文化だ! 「最強のラーメンファミリー~丸長のれん会」


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

スノーボーダーの聖地「X- JAM 高井富士」


今日は日曜日、午後3時半からすがかわ(須賀川)の里で町議会報告会が開かれます。
その前に、時間が少しあったので、「X-JAM 高井富士」にお邪魔しました。


満杯の駐車場(25.1.20)

ゲレンデのすぐ下の第1駐車場は、ぎっしり満車状態。
さすが日曜日です。


X-JAM 高井富士ゲレンデ(25.1.20)

ゲレンデは、大勢のお客さんで賑わっていました。
昨日の「よませ温泉スキー場」と比べると、圧倒的にボーダーが多い。

とくに、若者が多い感じです。

ここは、ボーダーを受け入れたのが早く、長野県でも1、2番目だったと思います。
「スノーボーダーの聖地」とも言われます。

オリンピック選手の成田童夢、メロ兄妹も子どもの頃ここで練習していました。


お店の看板(25.1.20)

ゲレンデ入り口の知り合いのクレープ屋さんに寄りました。
「むぎわらぼうし」さんです。


むぎわらぼうしさん(25.1.20)

とてもかわいらしいお店です。
コーヒーをいただきながら奥さんとお話しました。

今シーズンのお客さんは、「よませ温泉スキー場」と連絡リフトで繋がったこともあり、先シーズンよりも増えているようです。


クールな食品サンプル(25.1.20)

お店の前の食品サンプルケース。
クールです。

私も、ここが「高井富士スキー場」だった頃の昭和58~59シーズン、豪雪の年でしたが、「北志賀高原ヒュッテ」さんで住み込みでバイトをした経験があります。

30年も前のことですが、思い入れのあるスキー場です。

大勢のお客さんで活気のある様子を見て嬉しくなりました。



議会報告会は、予定通り5時半に終わりました。
地域の活性化、人口減少、小学校統廃合などの問題で意見が多く出されました。

すぐに解決、という特効薬はなかなかありません。
ひとつひとつやれることから取り組んでいくしかありません。


マーボーラーメン大盛り700円(25.1.20)

報告会に参加したかったのに車がスリップしてトラブり、間に合わなかったという方に誘われて、夕飯を食べながら話をしようということになりました。

「クラシックジョイント」さんでラーメンです。
マーボーラーメン大盛り700円也。
地元のこだわり豆腐使用の逸品です。
美味しいに決まっています。


地域の将来のこと、子どもたちの教育環境のこと、話は尽きません。

すがかわの里には、ほかにはない魅力がたくさんあります。
行政も住民も一緒になって知恵と「ずく」を出し合う、今が頑張りどきです。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

冬の古代桜たち(3)~宇木のエドヒガン千歳桜~


今日は、土曜日ということで、わがよませの里の「よませ温泉スキー場」に行ってきました。
と言っても、スキーは最近やっていないので、滑りに行った訳ではありませんが・・・。


よませ温泉スキー場(25.1.19)

第1リフトです。
初心者コースなので、子ども連れのお客さんが多いです。

駐車場は満杯のようでした。

今シーズンからは、山の裏の「X-JAM 高井富士」と連絡リフトで繋がれ、相互に行き来ができるようになりました。

便利になって、利用客も増えたようです。


ある倉庫のツララ(25.1.19)

うちからそう遠くない、ある倉庫のツララです。
1メートル以上の長さの立派なツララになっています。

今年は、今のところ雪はそう多くはありませんが、気温の低い日が多い気がします。


西側からの千歳桜全景(25.1.19)

今日の古代桜は、「宇木のエドヒガン千歳桜」です。
県の天然記念物に指定されています。

樹齢は、887年です。年が明けたので888年かもしれません・・・。


太い幹(25.1.19)

幹は本当に太いです。
宇木の5本の古代桜の中で、唯一「しだれ」ではありません。

エドヒガンの中には、しだれるものとそうではないものとがあります。
先日ご紹介した「大日庵のしだれ桜」もエドヒガンになります。


動きのある枝(25.1.19)

ダイナミックな動きのある枝振りです。

千歳桜は、別名「見返りの桜」とも呼ばれます。
その昔、姨捨山へ息子に背負われて山を登るお年寄りが、振り返ると遠くにこの桜が見えたという伝説からついた名前です。

わが宇木の里の象徴として、地元住民から愛され、大切に守られています。
いえ、逆に、私たちを何百年も見守り続けてくれている、と言った方がいいのかもしれません。

長い冬をじっと耐えて、春にはまた立派な花を咲かせてくれることでしょう。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

本家の新年会


18日、本家の新年会でした。
場所は、穂波温泉の「あぶらや燈千」です。


あぶらや燈千玄関(25.1.18)

うちの本家は、「古代桜のふるさと事業」の実行委員長です。
毎年、町内のホテル・旅館を会場にして新年会をしています。

今回「あぶらや燈千」を会場に選んだのは、町の女将の会「ゆのか」の会長さんのホテルだからです。
「ゆのか」の会員さんは12人いて、会長は持ち回りで毎年交代します。

春の「古代桜まつり」を盛り上げるために、実行委員会とは協力関係にあります。
これまでに、懇談会も行ったり、交流を深めてきました。


7階露天風呂(25.1.18)

宴会の前にまず温泉です。
7階の大浴場の露天風呂です。
七色にお湯の色が変化するジャグジーもあります。

洗い場も広く、快適。
いいお風呂でした。


新年会宴席(25.1.18)

新年会のスタートです。
今日は分家が5軒参加しました。

うちは、本家から分家に出て、約300年になります。
享保年間のことです。


あんかけ(25.1.18)

分家に出て10代目、8代目といううちもあります。
本家自体は、23代目になります。

なに時代のことなのかよく分かりません。


岩魚の塩焼き(25.1.18)

宇木でもかなり古い家になります。
名主を何代もやり、「芝刈り久兵衛」(開拓者の久兵衛さんの意味)とも呼ばれています。


お料理デザートほか(25.1.18)

今でこそ襲名はしませんが、21代目までは代々「久兵衛」を名のっていました。

うちのご先祖は、享保年間にどこかから流れてきて、本家に「作男」で入って農作業の手伝いをしていたようです。
よく働くということで、血のつながりはないのに分家に出してもらったということです。

なので、うちだけは、みなさんと違う苗字です。

いずれにしても、300年以上も本家・分家のお付き合いを続けてくれていることに、改めて驚かされますし、ありがたいことだと思います。


写真と関係ないことばかり書きましたが、「あぶらや燈千」さんのお料理はたいへん美味しかったです。
落ち着いた雰囲気でゆっくり楽しむことができて、大満足!!。

本家・分家の結びつきもしっかりと再確認できた新年会でした。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

山ノ内町猟友会と議会観光経済常任委員会の懇談会


17日午後4時から、新湯田中の「栄楽」で町の猟友会と議会観光経済常任委員会との懇談会が開催されました。
初めての取り組みです。


懇談会(25.1.17)

有害鳥獣対策の現状と問題点を確認しあって、今後の課題について議論しました。
農作物の被害状況、有害鳥獣の捕獲頭数(個体調整)について、役場の農林課の担当者から説明を受けました。


イノシシ資料(25.1.17)

24年度は、イノシシ、ツキノワグマともにここ数年で最多の捕獲数です。
1月15日現在で、イノシシ45頭、ツキノワグマ36頭となっています。


ツキノワグマ資料(25.1.17)


最近は、ニホンジカによるリンゴの樹の皮剥ぎ被害も増えています。

会議の席上、こんなものが試食で回りました。


カモシカジャーキー(25.1.17)

カモシカのジャーキーです。
ワイルドです。

猟友会からは、捕獲したあとの解体処理や、食肉の流通、新規のハンター育成など要望が出されました。

増え続ける有害鳥獣に対する抜本的な対策について、真剣に考えていかなければなりません。

ただ、野生鳥獣は、殺せばいいというものではありません。
どう、生態系を保護し、共存していくか大事な観点です。


栄楽お料理(25.1.17)

第二部は、懇親会です。
ある意味、ここからが本音の議論です。


懇親会(25.1.17)

猟友会員のみなさんの負担軽減と、農作物被害の防止、住民や観光客の安全確保、自然環境の保全、どれもおろそかにはできない問題です。

山と森林に囲まれた自然豊かな町、動物たちとどう共存し「棲み分け」を図っていくか、悩ましい問題です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

お正月の「天神様」飾り


15日、昨日から降り続いた雪は、かみ雪から普通の冬型の雪降りに変わりました。
べたべたの重い雪からさらさらの雪に・・・。

一晩で40センチほど積もりました。


晴れたと思ったら(25.1.15)

いつものアングルです。
午前中、晴れ間が出て、やっと降り飽きたかと思ったら・・・。


たった5分後・・・(25.1.15)

5分後にはまたこんなです。

何回かこんなことを繰り返して、午後になってやっと止みました。
全国的に交通の大混乱を引き起こした、迷惑な爆弾低気圧でした。


天神さんたち(25.1.15)

今、わが家の座敷には、こんな掛け軸がぶら下がっています。
「天神様」と呼んでいます。

一般的には、学問の神様「菅原道真」さんのことですが・・・。
この辺ではお正月にこうした天神様の掛け軸を飾ります。

「教育県長野」らしい風習です。

仲人さんとつれあいの実家から、息子と娘の初正月にそれぞれいただいたものです。


男の子用天神さん(25.1.15)

こちらが、まさに天神様、菅原道真公の肖像で男の子用です。
ここまではなんとか理解できます。


女の子用天神さん(25.1.15)

こちらが女の子用の天神様?になります。
ほかに「紫式部」の図柄のもあるんですが・・・。

小倉百人一首19番歌と、詠み人「伊勢」の肖像です。
「難波潟 みじかき葦の ふしの間も あわでこの世を 過ぐしてよとや」とあります。

女流歌人にあやかって、頭が良くなるようにということなんでしょうが、これは、熱烈な恋の歌・・・。


学問より恋愛かよ!!。

男親としては、なんか複雑です・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

宇木のどんど焼きを見守る古代桜


13日は、宇木の里のどんど焼きです。
朝から子どもたちが各家を回って、だるまや正月飾りを集めます。


どんど焼きやぐらと隆谷寺(25.1.13)

子ども育成会の役員さんたちがやぐらにセットします。
場所は、隆谷寺さん前の空き地です。

やぐらと萱は、あらかじめ秋のうちからここに組んでありました。


隆谷寺のしだれ桜とお地蔵さん(25.1.13)

隆谷寺さんのしだれ桜(樹齢約400年)も五本の古代桜のうちの一本です。
ここのお地蔵さんは、セーターこそ着てはいませんが、冬用のニット帽を被っています。

参道入り口のお地蔵さんたちも、桜の下の六地蔵さんたちもみんな赤いニット帽です。


燃え上がるどんど焼きの炎(25.1.13)

6年生たちが、区民会館から松明を運んできます。
5時の合図で点火です。

この焚き上げの火にあたったり、残った火で餅や団子を焼いて食べると、その年は無病息災でいられると謂われています。


どんど焼きを見守るしだれ桜(25.1.13)

燃え上がる炎を大勢の子どもたち、地域の人々が囲んで見守ります。
お母さん方の豚汁サービスには、子どもたちに元気で成長してほしいとの思いがこもっています。

400年以上も生きてきたここのしだれ桜。
そして、お地蔵さんたち・・・。

今年もしっかりと子どもたちを見守っています。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

宇木二番組「十二講」


12日は、宇木二番組の組総会「十二講」でした。
毎年この日と決まっています。


組の新しい役員さんたちを選挙で決めます。


児玉果亭画の「山の神様」掛け軸(25.1.12)

「十二講」は、もともと山の神様のお祭りのことらしいです。
この日、山の神様の掛け軸を飾って、お酒をお供えします。

この掛け軸は、南画の巨匠でわが山ノ内町出身の児玉果亭さんの作品です。
かなり昔のものだと思います。

組総会兼新年会と合わせて行われてきたため、ひっくるめて「十二講」と呼ばれています。


千歳桜の珍しい写真(25.1.12)

会場の宇木区民会館広間に、額入りの写真が飾られています。
昭和54年4月18日の千歳桜です。

満開の桜に季節外れの雪が積もった珍しい写真です。


写真の説明文(25.1.12)

この写真を寄贈された渡辺保治さん(故人)の説明文も一緒に飾られています。


新年会お料理(25.1.12)

選挙も無事終了したら、山の神のお供えしたお神酒の乾杯で新年会のスタートです。
今日も茶わん酒です。


NO SMORKING?(25.1.12)

区民会館は全館禁煙ですが、この張り紙、なんか違和感・・・。
「NO SMORKING」。
やっちゃった・・・。残念!!。


北信流「座のお決まり」(25.1.12)

宴の頃合いを見計らって、北信流「座のお決まり」です。

謡いをお肴に、新組長から旧組長、新協議員から旧協議員、新農家組合長から旧農家組合長へそれぞれお盃を差し上げます。
さらにもう1曲謡っていただいて、それぞれの方に返盃(実際は、「返す」とか「返盃」とか言ってはいけません。「改めて差し上げる」と言います。)です。

この地域の宴会には欠かせない盃の儀式です。


「組総会」、「組長」、「盃の儀」と聞いて、●力団のそれと勘違いしないでください。
くれぐれも・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

冬の古代桜たち(2)~大日庵のしだれ桜~


11日朝、えのき屋さんの接種の仕事を終えてから、大日庵のしだれ桜(樹齢約300年)を撮りに行ってきました。
天候は曇り、小雪が舞う寒い朝です。


大日庵のしだれ桜全景(25.1.11)

ここの桜は、かつては「源平のしだれ桜」と呼ばれ、紅白の花を咲かせる2本の桜が対になって植えられていました。
今は、白花のほうだけが残っています。

「平清盛」ではありませんが、源氏の方が生き残った形です。


大日庵のしだれ桜の根元(25.1.11)

根元の部分は、複雑な形をしています。
どこまでが根っこでどこからが幹なのか・・・。


大日庵のしだれ桜を見上げる(25.1.11)

枯れてしまった部分と、新しく出た枝や根っこが複雑に絡み合っている感じです。

5本の古代桜の中で一番心配な樹です。
土手の傾斜のある角のところに植わっているので、すわりが悪く不安定という弱点があります。

町指定の天然記念物になっているので、樹木医さんに診てもらったこともあります。
数年前よりだいぶ樹勢は回復してきました。


厳しい風雪にじっと耐えて、この春も立派に花をつけてほしいものです。


関英ドライブインラーメン大盛り(25.1.11)

この日は、10時から夕方まで、役場でずっと会議でした。
お昼は、湯田中の夜間瀬川堤防道路沿いの「関英ドライブイン」さんです。

大盛りのラーメン600円。

このところ、ラーメンを食べる回数が異常に多くなっています。
陽気のせいでしょうが、お昼にも・・・、飲んだ後にも・・・。

前日は、中野市の岩船の「おおぎや」さんに2回も行ってしまいました。


おおぎやの辛みそ中華(25.1.10)

朝(真夜中?)0時過ぎにつれあいと一緒に、午後5時には地元の趣味の仲間と4人で・・・。

こちらは、夕方5時の方の辛みそ中華650円です。
ほかに、セット餃子とサービスのご飯も・・・。


ちょっと塩分摂り過ぎかも・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

冬の古代桜たち(1)~区民会館前のしだれ桜~


昨日9日は、またまた新年会。
18人で、湯田中温泉の「ホテル白銀(しろがね)」さんです。


ホテル白銀で新年会(25.1.9)

温泉にも入らず、ひたすら「飲み」です。
もったいないことに、お料理もずいぶんと残してしまいました。
女将さん、すいませんでした。


湯田中駅のイルミネーション(25.1.9)

クリスマスまでかと思ったら、まだやっていました。
湯田中駅のイルミネーションです。
二次会への途中での1枚です。

そんな訳で、昨日は更新できず。
日付が替わるまで飲んでしまいました。


区民会館前の白山のしだれ桜(25.1.10)


今朝の区民会館前の白山のしだれ桜(樹齢約400年)です。
穏やかな天気でしたが、うっすらと雪化粧です。


太い枝(25.1.10)

太い枝、迫力があります。
この時期、葉っぱも花もないからこそ、幹や枝振りがよく見れます。

長年の風雪に耐えてきた古代桜。
今は、じっと春を待ちます。


しだれ桜とお地蔵さん(25.1.10)

根元のお地蔵さんも、冬の装いです。
誰かがあったかそうなセーターを着せてくれています。

インフルエンザ流行ってますからね。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

宇木区新年祝賀会


毎年1月6日は、宇木区の新年祝賀会です。
午後2時から式典です。


宇木区新年祝賀会会場(25.1.6)

会場の区民会館には、区の役員さんをはじめ来賓の竹節義孝町長、丸山栄一、小林東一郎両県会議員も来ていただきました。
総勢約50人の盛大な新年祝賀会です。


だるまの目入れ式(25.1.6)

来賓の方々のご挨拶に続いて、だるまの目入れ式です。
参加者それぞれ一筆ずつ書き入れていきます。

仕上げは、副区長さんが行います。


新年会お料理(25.1.6)

儀式が終われば、新年会のスタートです。
これだけの人数の宴会は他にはありません。

今年一年、事故や災害のないいい年になってほしいものです。


おかめ寿しお造り(25.1.6)

何人か、気の合う仲間で湯田中に上がりました。
星川のおかめ寿司で二次会です。

勢いで、このあと何軒かはしごをしてしまいました。


餃子(25.1.6)

カラオケにも行ったと思いますが、よく覚えていません。

最後に、湯河原の居食亭こまどりでシメです。



居食亭こまどりのラーメン(25.1.6)

餃子にラーメン。
いつもの味でほっとします。


でも、さすがに二日連チャンは効きました。

毎年新年はこうしたものですが、年々酒には弱くなってきたかもしれません。
若い時のような飲み方はできません。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

よませ卓球クラブの新年初打ち会


5日、午前10時30分から、毎年恒例のよませ卓球クラブ新年初打ち会を行いました。
日頃練習している、よませふれあいセンター軽運動室が会場です。

この日は、山ノ内中学卓球部の子どもたちを中心に25人が参加しました。

午前中は、軽い練習とお昼のお雑煮の準備です。


特製お雑煮(25.1.5)

具だくさんの特製お雑煮です。
モチ焼きは、女子の部員たちが手伝ってくれました。

新年のご挨拶をして、昼食会です。


雑煮で新年会(25.1.5)

午後からは、2チームに分かれて団体戦です。
しっかりと腹ごしらえしておきます。


2チームに分けて団体戦(25.1.5)

シングルス、ダブルス合計27試合を行いました。

結果は、Aチームが14勝、Bチームが13勝。
最後の1戦までもつれる白熱した対戦になりました。

勝者チームには、スリースターのボール2個か、Tシャツのどちらか。
敗者チームにはボール1個が贈られました。


この初打ち会は、今年で18回目になります。
町の卓球連盟として開催しています。
したがって、参加費は無料です。

よませ卓球クラブは、毎週水曜日・土曜日の夜7時から10時までこの場所で練習しています。

この日は、4時半に初打ち会は終了。
7時からは通常の練習も行いました。


ホッケの塩焼き(25.1.5)

夜9時から、夜間瀬駅前の「鳥り藤」さんでご苦労さん会。
大人の男3人だけですが、新年会です。


から揚げ(25.1.5)

この時期、さすがにビールは寒すぎなので、熱燗にしました。



ししゃも(25.1.5)

また新たな卓球の1年のスタートです。

今年も、子どもたちと楽しく卓球をしていきたいと思います。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

「画蛇点睛」 この期に及んで年賀状書き


今朝は、吹雪でした。
友だちのえのき屋さんでの仕事始めです。
車の雪下ろし、けだしの雪かきをしてからの出勤でした。


今朝は吹雪(25.1.4)

いつものアングルです。
新聞配りも歩きです。

親戚の女性の方ですが、今日のような日は大変だと言っていました。
この写真を見れば・・・、説明は要りません。


消しゴム判子(25.1.4)

えのき屋さんの仕事を済ませて、午後からは年賀状づくりです。
年内に済ませておけばいいものを、この期に及んで・・・です。

昨晩、消しゴムで判子を作っておきました。
ひとつは巳年の「巳」の字の形の蛇。
もうひとつは、「初春」の文字です。

やっつけ仕事なので出来はイマイチですが、あまり時間をかけてもいられません。


「初春」判子(25.1.4)

まず、右上に「初春」をスタンプ。


2箇所に判子(25.1.4)

次に、左下に「巳」の字型の蛇の絵をスタンプ。


筆ペンで賀詞を書く(25.1.4)

続いて筆ペンで賀詞を書き込みます。

私の年賀状は、基本的に手書きです。
「それだけこだわりがあるなら、なぜもっと早く出さない」とツッコまれそうですが・・・。


画蛇点睛(25.1.4)

最後に、蛇に目を入れて表面は完成です。
「へ」の字にしてみました。

最初は赤で丸い目、口には先が二股になったこれも赤い舌を書いてみましたが・・・。
やめました。

こっちの方が愛嬌があっていいと思います。
「画竜点睛」ならぬ「画蛇点睛」です。


でも、まだ宛名書きとコメント書き込みが残っています。
いつになったら全部書き終わるのやら・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

宇木二番組二班(隣組)の新年会


2日は毎年恒例、宇木二番組二班の新年会です。
隣組(となりぐみ)とも呼ばれます。
二班は11軒の隣組になります。


早朝の宇木区民会館前のしだれ桜(25.1.2)

朝の区民会館前の白山のしだれ桜(樹齢約450年)です。
今日の会場は、この宇木区民会館の中の八柱神社社務所になります。

来年度の班長さん、祭司団員、農家組合役員、公民館運営委員などを決めます。

昔は、班長さんの家が「宿」といって、会場にしていました。
今でもそうしている班もありますが、二班は、一人暮らしのお宅もあったりして、負担が大変ということで、社務所をお借りするようになりました。


区民会館から2番組を望む(25.1.2)

区民会館から見た宇木の二番組の風景です。
宇木は三番組まであって、それぞれ六班ほどに分かれています。

総戸数は約220戸ほどになります。

冠婚葬祭やいろんな面で隣組として支え合っています。
12日には二番組の新年会兼総会があります。
そこでは、新年度の組長(暴〇団ではありません)以下、区の役員を決めます。

何十年、何百年と続いてきたコミュニティーのシステムです。

封建的とか閉鎖的とか、「しがらみ」などとも揶揄されますが、農村はある程度そうした側面を抱えています。

5本の古代桜たちが、こうして何百年も咲き続けられるのも、「変わらない」「変えない」ことのお陰かもしれません。


隣組の新年会(25.1.2)

いろいろ議論はありましたが、決めることを決めたら新年会です。
今日の会費は、飲み物も含めて1300円です。

折詰めの料理と、班長さんが持って来てくれた漬物や揚げ物、そして、茶碗酒です。
40代から80代まで、男ばかりの飲み会です。

やかんから直にお酌です。
人生の、地域の大先輩からのお酌は断るわけにいきません。

また飲み過ぎです・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


関連記事

元日の「須坂市動物園」


1日の午後、娘に起こされて、「須坂市動物園」へ行ってきました。
娘が昨夏一週間ほど実習でお世話になった動物園です。


湖面は結氷(25.1.1)

臥竜公園の竜ヶ池です。
橋の上から見ると、ほぼ全面結氷です。


氷の上のカモたち(25.1.1)

弁天島に架かる橋の周辺だけが凍っていません。
カモたちがそこに集まってきています。


須坂市動物園(25.1.1)

公園の中を歩いていくと、須坂市動物園の入口があります。
「謹賀新年」の看板と、かつて一世を風靡したこの動物園のアイドル、今は亡き赤カンガルーの「ハッチ」がサンドバッグをたたくパネル写真が飾られていました。

ここで娘と別れて、私は池の周りを散歩です。


このすぐ近くにわが母校須坂高校があります。
この公園は、卓球部のトレーニング場所でしたので、「庭」みたいなもんです。

1年生のころは、池を5周してから、臥竜山山頂までを3往復ランニングしていました。
そのあとに、山の裏のお寺の階段で片足とび、うさぎ跳び、ダッシュなどのサーキットトレーニング・・・。

今思うと、きつかった~、よくやったな~・・・です。
40年も前のことです。

公園は、昔とあまり変わっていないので、ほっとします。


臥竜公園名物おでん(25.1.1)

臥竜公園名物のおでんです。
この日、1軒だけ営業していた「臥竜荘」でいただきました。

1皿410円。
特徴は・・・、見たとおり、とにかく真っ黒。
味もしっかり中まで滲みていて、しょっぱいです。

ビールが欲しくなります(車なのでお茶で我慢!!)。
昔と変わらない味、懐かしい味です。


ちなみに、この公園は、大正時代に製糸産業で繁栄を誇っていた須坂の町が、働く人たちの保養と憩いの場所として造った公園です。
設計が大正15年、昭和の初めに何年もかけて建設されました。

下の名前は忘れましたが、本多さんという大学の農学教授だった人の設計です。
東京の日比谷公園の設計者として有名です。

春には、池の周りに植えられた桜が見事な咲きっぷりを見せてくれます。
日本さくら名所100選」にも数えられる公園です。


ヤギさん(25.1.1)

動物園の中は娘が撮ってきてくれました。
夏に面倒を見た動物たちだそうです。

中でもお気に入りのヤギさんです。
名前は・・・、忘れました。


フンボルトペンギンたち(25.1.1)

こちらは、フンボルトペンギンです。
一人だけ別の方を向いているのが「トット」です。

「脱走ペンギン」として、昨年話題になりました。
何度も脱走を繰り返し、そのたびに竜ヶ池を泳いでいるところを捕獲されました。

「窓際の・・・」からなのか、「とっとと逃げる」からなのか・・・。
名前は公募で決まり、盛大に命名式まで行われました。

池には鯉などの魚がたくさんいます。
活きた魚が食べたかった・・・、らしいです。

こういった協調性のあまりない個性的な子は、個人的には好きですが・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事

日は沈み 日はまた昇る ~古代桜からのご来光~


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


2013年の幕開けです。
今年こそは、いい年になってほしいと思います。


宇木の鎮守八柱神社に初詣(25.1.1)

年が明けたら、さっそく宇木の鎮守・八柱神社さんに初詣です。
氏子さんたちが、参拝者にお神酒を振舞ってくれます。

お賽銭を入れて今年のいろんな願いをこめてお祈りします。

この日ばかりは、小さな子どもたちも家族と一緒に大勢やって来ます。


千歳桜からのご来光(25.1.1)

今日は、徹夜してご来光を拝みました。

昨日、最後の落日を撮った千歳桜(樹齢887年)から見た初日の出です。
午前7時45分ごろです。


初日を浴びる千歳桜(25.1.1)

10分後、初日を浴びる千歳桜です。
宇木の中ではこの辺が一番先に日があたる場所です。

平安時代から生き続けてきた千歳桜が、またひとつ年を重ねました。


大久保のしだれ桜からのご来光(25.1.1)

宇木の古代桜の中では一番若い「大久保のしだれ桜(樹齢約180年)」です。
千歳桜より遅れること15分、ご来光です。

宇木は、地形が複雑なので場所によって日があたり始める時間がかなり違います。
なので、2箇所でのご来光が撮影できました。


今年も「宇木の古代桜」たちは、4月に立派な花を咲かせてくれることでしょう。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


関連記事
プロフィール

ヒゲワタ

Author:ヒゲワタ
FC2ブログへようこそ!
高社山のふもと宇木に在住
古代桜ふるさと事業実行委員
古代桜の素晴らしさと地元のリンゴやぶどうの美味しさを大勢の人に知ってほしい。

 ~当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者カウンター
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ    ↓ ↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
リアルカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
125位
アクセスランキングを見る>>
国交省ハザードマップ
国交省ポータルサイトです。重ねるハザードマップ、わがまちハザードマップはこちらから ↓ ↓
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。