今年も「よってかっしゃい山ノ内 秋の収穫祭」は大盛況


18日は、わが山ノ内町グリーン・ツーリズム協議会主催の「よってかっしゃい山ノ内 秋の収穫祭」です。

会場は、道の駅「北信州やまのうち」駐車場です。
私は、協議会の役員という立場ですが、出店はしていないので、テントの後片付けなどのお手伝いでの参加です。

午後2時過ぎ、畑仕事と卓球の子どもたちの大会応援を済ませてから会場に来てみると、きのこ汁サービスは終了。
リンゴやぶどうなどの販売品もほとんど売り切れ状態・・・。

話を聞いてみると、午前中からものすごい人出だったそうな。
きのこ汁も、大鍋で18杯も作ったとのことです。

お天気にも恵まれ、ここ数年で最も盛況だったようです。
後片付けのお手伝いをしていると、慰労会のお誘いがありました。

みなさん忙しい方々なので、慰労会はここ何年も別の日に設定していました。
急なお誘いでしたが、お断りする理由はありません(キッパリ!)。


関英ドライブインで慰労会(27.10.18)


午後5時から、湯田中の「関英ドライブイン」で慰労会です。
出店に協力いただいたみなさんと役員15人ほどが集まりました。

グリーン・ツーリズム協議会は、今、あまり活発な活動ができていません。
いろいろあって、総会も2年ほど開かれていない状態です。

町の農家と観光業のみなさんのタイアップ、協力関係の構築がこの協議会の目的です。
今回のイベントの大成功をバネに、もうひと踏ん張りの活動強化が必要です。

湯量豊富な温泉とスノーリゾートの観光の町、そして高品質なフルーツ生産の農業の町、この二つが有機的にしっかりと結び着けば、この町の魅力は何倍にも増幅します。

町の将来のこと、今後の活動のこと、それぞれの夢を語り合いながらの慰労会。
また夜遅くまで飲んでしまいました。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小澤征爾さんが山ノ内中学校にやって来た ~OZAWA ROOM 30 オープン~


28日、わが山ノ内中学校にあの「世界の小澤」、小澤征爾さんが来校です。
この日は、長野県庁で第1号の県民栄誉賞を受賞され、その足で来てくださいました。


ステージでスピーチ(27.9.28)


まずは、「仮称小澤ルームオープン」セレモニーです。
生徒たちの全体合唱のプレゼント後、ステージ上でのスピーチです。

東京の地下鉄で山ノ内中学校卒業生に偶然声をかけられた話、音楽家として一番うれしい瞬間だったと・・・。
その後は声が詰まって、会場はシーンと静まり返り・・・、長い時間でした。

そして「ありがとう」と一言。
震えるような小さな声でした。こちらも思わずもらい泣き・・・。

山ノ内中学校で「小澤コンサート」を開催するようになってから、もう30年になります。
毎年一流の演奏家たちを引き連れて来て開催していただいている素晴らしいコンサートです。

今年も7月に計画されていましたが、先生の体調不良により来ていただけませんでした。
この日は、そのコンサートのために生徒たちが一生懸命練習してきた全体合唱を、改めて先生にプレゼントするというものでした。


OZAWA ROOM 30で語る(27.9.28)


それともう一つの先生へのプレゼントは、仮称「小澤ルーム」のお披露目です。
正式名称は、生徒たちの公募の中から選ばれました。

その名前は、「OZAWA ROOM 30」と決まりました。
山ノ内中学校での「小澤コンサート」の30年に及ぶ歴史を振り返る展示ルームです。


OZAWA ROOM 30テープカット(27.9.28)


空き教室を改装しました。
竹節町長、生徒会の正副会長さんらとともにテープカットです。

小澤さんは、わが町の名誉町民となっています。
「小澤コンサート」を毎年開催いただいていることに対する町の感謝と敬意からです。


取材陣に囲まれる先生(27.9.28)


それにしても、この取材陣の多さ・・・。
さすが「世界の小澤」です。

すごい人なんですが、とても気さくな方です。
この日も、テープカットに遅刻し、みんなを待たせることに・・・。

その遅刻の理由はと言えば、校内を移動中に生徒たちの合唱練習の歌声を聞きつけ、その教室へすたすたと入って行ってしまう・・・。

予定にない行動も平気です。
生徒たちはびっくりですが、そこですぐに始まる合唱指導。

生徒たちにも気軽に声をかけてくれる「世界の小澤」です。
本当に音楽が大好きで、この学校に特別な思いを持っていただいていることがよく分かりました。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

町制60周年記念 夏祭り山ノ内どんどん


8月1日(土)は、山ノ内町の町民祭「山ノ内どんどん」の日でした。
夕方5時過ぎ、町内各所から踊り連の大型バス数十台が、やまびこ広場に集結しました。

今年は、町制60周年ということで、いつもよりも盛大です。
わが宇木の里からも約60人が参加しました。


焼きそば(27.8.1)


会場到着後、まずは腹ごしらえ。
参加者全員の夕食は、これです。

恒例の焼きそばとウィンナー。
そして、ビールです。

お祭りにお酒は付き物です。
踊りは長丁場。

しっかりエネルギーを養っておきます。


三四六ミニライブ(27.8.1)


今年の特別ゲストは、三四六さんです。
踊りの前にミニライブが開催されました。

柔道の解説やラジオパーソナリティ、シンガーソングライターなどマルチなタレントさんです。
私もファンの一人です。

中島みゆきさんのカバー曲「糸」を最後に歌ってくれました。
この曲、期待していました。

生で聴けて良かった・・・。
本当に鳥肌が立ちました。


山ノ内どんどん(27.8.1)


お祭り本番です。
町民、観光客、老いも若きも、1,000人以上がたった1曲の「山ノ内どんどん」を、ひたすら踊り続けます。

途中休憩をはさみながら、3クール・・・。
ただ踊るだけなんですが、なんか町民の一体感が感じられて不思議な雰囲気です。

司会進行も三四六さんで、祭り全体を盛り上げてくれました。
今年は、子どもたちの参加が多かったようです。


終了の花火(27.8.1)


「そーれ、それそれ」と掛け声をかけながら、みんなへとへとになるまで踊りました。
何十回繰り返し踊ったでしょうか。

音楽が途絶え、フィナーレの花火です。
子どもたちの歓声が上がります。

疲れましたが、変な達成感です。
今年は、天候にも恵まれ、充実したお祭りになりました。

この後、それぞれバスで地区に帰って「あとふき」です。
わが宇木の区民会館でも、祭りの余韻に浸りたいみなさんで、深夜まで盛り上がりました。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

第2回信州・志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり=ABMORI


27日は、朝8時に役場集合、受付を済ませてシャトルバスに乗り込みました。
行先は、志賀高原旧笠岳スキー場です。

第2回目となる「ABMORI」(エビモリ)の植樹が行われる会場です。
「エビモリ」は海老蔵さんの「エビ」と、森の「モリ」をくっつけた造語です。


開会セレモニー(27.6.27)


バスに揺られること約30分、廃スキー場となった笠岳スキー場到着です。
特設ステージでは、開会セレモニーが行われました。

全国から約1,300人が参加してくれました。
来賓として、国会議員、県知事、県会議員、町長などが出席していました。

そして、市川海老蔵さんが二人のお子さんを連れて登場。
会場からは大きな歓声が上がりました。

長男のカンゲン君、かわいかったです。
ただ、ご一家の写真はNGとのこと。残念ですが・・・。


1300人が植樹(27.6.27)


開会式の後は、それぞれの持ち場に分かれて植樹です。
植樹の場所は、30区画に区切られていました。

全員がそれぞれの区画に移動するだけで、結構な時間がかかりました。
1,300人の植樹、壮観です。

今年のABIMORIは、町制60周年記念ということで、「後世に残そう森・水・いのち」~志賀高原から世界へ 未来へ~ をコンセプトに行われました。

昨年は、やはり廃スキー場となった前山スキー場が会場でした。
人間による開発行為で森林が伐採され、スキー場になり、景気の良かったころには、リフト待ちに1時間は当たり前、というほど大勢のスキーヤーでにぎわいました。

しかし、その後の若者のスキー離れ、景気悪化等で廃業に追い込まれたスキー場・・・。
荒廃してしまったゲレンデを自然の森に返すのも人間の責任です。


ワラ敷き作業(27.6.27)


植樹作業の後は、ワラ敷き作業です。
人海戦術です。

ワラの運搬は、バケツリレー方式。
みんなで並んで、必要な場所へワラを送ります。

大勢のみなさんの協力で、無事作業は終了しました。


竹の子カレーと竹の子汁(27.6.27)


お昼の会場は、バスで約10分、志賀高原総合会館98です。
旬の竹の子汁が、参加者に無料で提供されました。

販売コーナーに、竹の子カレーがありました。
根曲り竹がゴロゴロ入ったボリュームのあるカレーです。

これで300円(税込)!!。
身体を動かした後の外で食べるカレー、美味しくないわけがありません。


このイベントは、来年以降も継続してきます。
志賀高原は上信越国立公園の中にあり、ユネスコエコパークにも指定されています。

自然と開発、生物多様性の中で人間も共存していける、持続可能な地区。
どうやってこの理想を実現していくのか・・・。

「後世に残そう森・水・いのち」。
自然と人間の共生は、大きな課題です。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

平成26年度山ノ内町合同金婚式


28日、町の文化センターで合同金婚式が行われました。
今年の対象のご夫婦は、50組100人です。

人口1万3000人の町とすれば、多いのかもしれません。
生まれてくる子どもたちは、年100人を下回っています。

ということは、・・・・・・・・・・・です。


記念撮影(26.10.28)


その内、ご参加いただいたのは、37組です。
全員でまず記念撮影です。

ひな壇に上がってもらって、場所を調整して・・・と、撮影までにけっこうな時間がかかってしまいました。
ご高齢のみなさんたち、窮屈なところでちょっと大変だったかもしれません。


祝寿(26.10.28)


竹節町長から、祝寿と記念品が全員に手渡されました。
結婚50周年というと、昭和39年のご結婚ということになります。

この年は、東京オリンピックの開催された年です。
新幹線開業も同じ年でした。

それから50年かかって、来年3月14日には、飯山に新幹線がやってきます。


らくのう座(26.10.28)


おめでたい席には、おめでたいアトラクションです。
町内の芸能集団「らくのう座」さんの「大黒舞」です。

50年連れ添うということは、大変なことです。
それぞれのみなさん、いろいろあったことでしょう。

でも、健康でともに50年、というのは、しあわせなことです。


一方で、若いときにつれあいに先立たれて・・・、という人も大勢います。
女手一つで子どもたちを立派に育ててきた、という人も・・・。

須賀川区では、結婚50年目の人にお祝いを贈っています。
夫婦そろっていなくても、家族や地域のために半世紀にわたって尽くしてこられたことに変わりはありませんから。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
プロフィール

ヒゲワタ

Author:ヒゲワタ
FC2ブログへようこそ!
高社山のふもと宇木に在住
古代桜ふるさと事業実行委員
古代桜の素晴らしさと地元のリンゴやぶどうの美味しさを大勢の人に知ってほしい。

 ~当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者カウンター
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ    ↓ ↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
リアルカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
80位
アクセスランキングを見る>>
国交省ハザードマップ
国交省ポータルサイトです。重ねるハザードマップ、わがまちハザードマップはこちらから ↓ ↓