スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八柱神社の楓の紅葉


宇木の里の鎮守、八柱神社には、ちょっと変わった楓の木があります。
この鎮守の杜は、町の文化財に指定されています。


神社内の祠(26.11.1)


本殿に向かって右側の土手の上にも、神様が祀られています。
なんの神様かは、忘れてしまいました・・・。

なにせ、八柱と言うだけあってたくさんの神様がいらっしゃいます。
祠の向こうに見えているのが、その楓の木です。


土手から斜めに(26.11.1)


五色に紅葉しています。
土手から斜めに生えています。

何度も枯れそうになって、また復活して、を繰り返してきたと思われます。
とても不安定に見えます。


幹が割れてます(26.11.1)


幹が真ん中で割れていますが、その上はくっついています。
時の流れを感じさせてくれます。

強い生命力を感じます。


味のある楓(26.11.1)


春の桜もいいですが、秋の楓もいいです。
古木らしい風情が漂っています。

葉の色も幹も、何とも言えない味わいがあります。


松ぼっくり(26.11.1)


長~い松ぼっくりが落ちていました。
この杜には、メグスリの木や、ブナの大木など、珍しい木があります。

この標高(約500メートル)の場所では、希少な例として文化財指定されました。
何百年と、変わらない植生がすごいことです。

宇木の古代桜が、5本も長年にわたって残っていることと無関係ではありません。


千歳桜(26.11.1)


その古代桜たちの中で、一番の古木、千歳桜(樹齢889年)です。
1日時点で、このように黄葉が進んでいます。

これから徐々に、落葉していきます。
秋が深まり、宇木の里は紅葉も終盤です。

一面モノクロの世界つつまれる、冬はもうすぐそこに来ています。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「算額」の神社 水穂神社 ~木島平村~


2日続けて木島平村の記事になります。
今日は、木島平村往郷中島の「水穂神社」を紹介します。


水穂神社(26.5.16)

大きな神社ではありません。
でも、ただの神社ではありません。

有形文化財がある神社です。


日清戦争戦勝記念碑(26.5.16)

入り口の石柱は、裏に文字が刻まれていました。
日清戦争戦勝記念とあります。

100年以上前のものです。
文化財はこれではありません。


高札(26.5.16)

鳥居に向かって右側には高札があります。

墨が薄くなってよく読めませんが、「定  車馬を乗り入れる事、 鳥魚を捕る事、 竹と木を伐る事を禁ずる」と書かれているようです。

これも文化財ではありません。


裏には絵馬が(26.5.16)

高札の裏にまわってみると、新しい絵馬がたくさんぶら下がっています。
学業成就を願ったものが多いようです。

これには理由があります。
この神社には「算額」が奉納されているんです。

この「算額」こそが有形文化財です。
写真は撮れませんでしたが・・・(下のリンクからは画像が見られます)。

ここには、2枚の「算額」が奉納されています。
そのうちの1枚は、1800年のもので、村にある8枚中最古のものです。


説明看板(26.5.16)


「算額」とは
 「江戸時代、鎖国で海外との交流がほとんど無かった中で、日本独自の数学として興隆したのが「和算」です。当時の研究者たちは難問が解けたときの喜びや、学問成就の願いを絵馬にして、神社・仏閣に奉納しました。これが現在「算額」といわれるものです。数学の問題を絵馬にして、神社・仏閣に奉納する「算額」という文化は日本独自のもので、当時の学問水準や師弟の系統を知る上で貴重な資料となるものです。」

「算額」と木島平村
「日本の和算研究は、16世紀に関孝和によっって大成し、その後全国に普及したものと伝えられています。木島平村においては、旧往郷村の算額研究家、野口湖龍保敞(幼名宗三郎)とその門人達によって、雪国の文化風土の中で育まれました。
 その成果を示す「算額」は村内原大沢地区の天満宮に3面、西小路地区の満昌院に1面、西町の天然寺に1面、中島の水穂神社に2面、中村の一川谷大元神社に1面の合計8面が現存し、人口の少ない限られた地域にこれだけの面数があることは全国的にも稀有な事として注目されています。」


(上記「 」内は、木島平村のホームページから転載させていただきました。)


直接見ることはできませんでしたが、現代でもかなりの難問を解いていたようです。
詳しくはこちらからどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
「和算の館」
http://www.wasan.jp/
 水穂神社1
 http://www.wasan.earth.linkclub.com/nagano/mizuho1.html
 水穂神社2
 http://www.wasan.earth.linkclub.com/nagano/mizuho2.html

1枚は複雑な面積を求める問題、もう1枚は測量計算の問題です。
この地域が、昔から学問や教育に熱心だったことが伺えます。


ケヤキの切り株(26.5.16)

境内に気になるものが・・・。
ケヤキの大きな切り株がありました。

まだ切ったばかりのようです。
何があったんでしょうか?。

樹齢数百年クラスの大木だったと思われます。
神社の象徴でもあったはずです。


江戸時代、「算額」を奉納した人々も見上げたに違いないケヤキの樹。
古木好きの私としては、残念としか・・・。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村

よませの里横倉の諏訪八幡社


今日は、わがよませの里横倉の諏訪八幡社を紹介したいと思います。

諏訪神社なので、寅と申の歳には盛大に「御柱祭」が行われます。
その名のとおり八幡様も合祀されています。


諏訪八幡社入り口(25.3.11)

この境内では、昨年放送されたテレビ東京水曜ミステリー9「湯けむりドクター華岡万里子の温泉事件簿6」のロケが行われました。

ちなみに、この番組の最新作の「7」は、今週水曜日に放送されます。
こちらもわが山ノ内町を舞台に、「ブランドりんご」にまつわる殺人事件だそうです。

長野県には、テレビ東京系の局がないので、リアルタイムでは観れません。
でも、何週か遅れで長野放送(フジ系)で放送がありそうです。


参考
 テレビ東京水曜ミステリー9公式ホームページ
 「湯けむりドクター華岡万里子の温泉事件簿7」
 赤い殺意~禁断の果実を抱く女~
 http://www.tv-tokyo.co.jp/mystery9/


天然記念物カラマツ案内看板(25.3.11)

社殿の奥には、町天然記念物のカラマツがあります。
樹齢は約250年。
町で最大のカラマツです。

この神社では、「御柱祭」のほかに「御射山(みさやま)祭」が行われています。
青萱で1メートル四方の仮屋を作ります。

現在は「風祭」として区の三役と氏子総代だけで祭事を行っているといいます。
また各家庭ではこの日に赤飯を炊き、萱の箸で食べます。

上社の狩猟神事といわれています。
鎌倉時代に仏教の影響で殺生禁止や殺生禁断の思想が広まりました。

鎌倉幕府の庇護により諏訪神社だけが鷹狩や鹿狩を神祭として認められていたため、武士階級や庶民に広く信仰され全国に勧請されたといいます。

風神でもある諏訪明神に収穫前に豊作を祈願するとともに、二百十日の前に行う風鎮めの意味もあるみたいです。

御射山祭は、山上で忌籠もりをし、贄(にえ)として動物を捧げることで、祟りやすい山の神を鎮めて台風の無事通過を祈願するのが本来の目的ともいわれています。


諏訪八幡社と御柱(25.3.11)

社殿の両側に2本の御柱、奥に巨大カラマツが見えています。

平成15年8月には、この神社から新たな宝物が発見されました。

 『諏訪湖より 吹く涼風か 花すすき』小林一茶

江戸後期の文政7(1824)年、上水内郡信濃町出身の俳人小林一茶が投句の選者を務め、地元の弟子たちによって奉納された俳額二枚が残っていることが分かったのです。

一茶全集に未掲載のもので、これまで知られていない一茶の句も記されており、当時の弟子とのかかわりや一茶の人となりを示す貴重な資料です。

俳額は一般から公募した句を審査し、優秀な句を書いて奉納したもの。
二枚はいずれも縦66cm、横183cm。
二枚目の終わりから五番目、俳額奉納を主宰した四人の弟子の句の前に「諏訪湖より 吹く涼風か 花すすき」と一茶の句が記されています。


この句、完全に「御射山祭」と諏訪大社の関係を意識して詠まれたと、私は推測しますが・・・。
みなさんは、どう思われますか。


 参考
  from八ヶ岳原人Home
「諏訪大社と諏訪神社」
  御射山祭(1)~(3)
  http://from.yatsu-genjin.jp/suwataisya/sinji/misayamasai.htm


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 花ブログ 花の名所・植物園へ
にほんブログ村


全身を現すと世界滅亡? 「弥勒石仏」


今日は、町指定の史跡、金倉の弥勒(みろく)石仏さんを紹介します。
昨日のリンゴ畑のすぐ下に祀られています。


教育委員会の看板(25.1.23)

教育委員会の看板には、大治5年のもので850年前の平安時代後期の作とあります。
実際は、西暦で1130年のことですので、883年前になります。

町指定の史跡になったのが昭和46年なので、こういう表記です。


清水(25.1.23)

十数段の階段を上ると、清水が湧いています。
小さな境内です。

階段の正面には、六角堂があり、この中にお弥勒さんがいらっしゃいます。


弥勒さん六角堂(25.1.23)

湯田中の金倉が、「牧」(朝廷の牧場)だった頃の石仏で、造像銘のあるものとしては、信濃の国最古のものです。
わが宇木の里のシンボル「千歳桜」が888年目なので、ほぼ同時期ということになります。


弥勒石仏(25.1.23)

お堂の扉を開けて、誰でも参拝することができます。
私もお賽銭を入れて拝ませていただきました。


弥勒石仏アップ(25.1.23)

教育委員会の看板のとおり、親しみの持てるひょうきんな顔の仏さんです。
とても800年以上も前のものとは思えないくらい保存状態は完璧です。

ここには、教育委員会のとは別に観光商工課で設置した別の看板があります。
「です、ます」「である」調の違いだけでなく、内容がまったく違っています。


三体しあわせめぐり看板(25.1.23)

こちらの方が圧倒的に面白いです。
なんかロマンを感じます。
英語での説明もついていて、グッドです。

「大地に埋まった深さ、大きさは未知」「全身を現すと世界滅亡」などと書かれています。

両方を読み比べられるように写真を大きくしておきました。
みなさんはどう思いますか?。


↓↓応援よろしく
おねがいします。


↓↓ こちらにも応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村


樹齢300年!! 熊野宮のナシの木


宇木の里、リンゴ畑の中に「熊野宮(くまのみや)のナシの木」があります。

熊野宮のナシの木(24.5.30)

ここは、湯本家の屋敷神として、「熊野権現石祠」(高さ70センチ)が祀られていて、「湯本伝左衛門建立 正徳6年(1716年)5月」と記されています。
「伝左衛門堰」を開削した人物と伝えられています。
今、屋敷はここにはありません。

熊野宮のご神体は日本武尊で、日光連峰の古峰ヶ原の古峰神社の分霊だそうです。
古峰ヶ原は山岳信仰の聖地で、古峰神社を鎌倉時代には「金剛峰権現」と呼んでいたということです。

鳥居と石祠が高社山と直線を結ぶことから、「山岳信仰」の意味もうなずけます。

熊野宮のナシノ木の幹(24.5.30)

熊野宮のナシの木は、昭和49年5月3日に町の天然記念物に指定されています。
石祠の年号から、樹齢は約300年と推定されます。
胸高幹囲3.65m、樹高13.8m。学名はアオナシ(バラ科)といい、野生のナシの仲間で、中部地方にだけ分布します。
長野県内では、戸隠や菅平のものは知られていますが、宇木のような標高500m地帯で植生するのは大変珍しいことです。

貴重な野生種ということで、ある国立大学では、その一部を採取し、遺伝子、DNA研究のために大切に保管しています。

一見、隣りの杉の木に抱き着いているようにも見えますが、300年もの風雪に耐えてきた幹や枝には、やはり迫力があります。



にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村
プロフィール

ヒゲワタ

Author:ヒゲワタ
FC2ブログへようこそ!
高社山のふもと宇木に在住
古代桜ふるさと事業実行委員
古代桜の素晴らしさと地元のリンゴやぶどうの美味しさを大勢の人に知ってほしい。

 ~当ブログはリンクフリーです。お気軽にどうぞ~

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
訪問者カウンター
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ    ↓ ↓
にほんブログ村へ
このブログのランキングへ ↓↓
リアルカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
694位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
102位
アクセスランキングを見る>>
国交省ハザードマップ
国交省ポータルサイトです。重ねるハザードマップ、わがまちハザードマップはこちらから ↓ ↓
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。